logo

ゼロから歩くPythonの道 > 第10回 繰り返す方法を学んでみた ~ while構文編 ~

CTC教育サービスはコラム「ゼロから歩くPythonの道 > 第10回 繰り返す方法を学んでみた ~ while構文編 ~」を公開しました。

###

吉政創成 アシスタントの菱沼です。
今回も「いちばんやさしいPython入門教室(大澤 文孝氏著) 」を片手に勉強していきます。

さて、前回に引き続き、今回も繰り返しの方法について学んでいきます。
Pythonで繰り返すにはfor構文とwhile構文を使う2通りの方法があります。前回の記事ではfor構文と関連するrange関数、ついでにインデントについてまとめました。
今回はwhile構文について学習します。学習中に関係していた比較演算子と代入演算子のリストも記載しました。お役に立てたら幸いです。

while構文の正体と使い方
正体も何も繰り返しのための文ですが何か問題でも?って言われそうですが、今回取り上げるwhile構文は、for構文とはどう違うのでしょうか?

-----引用-----
P.94
前Lessonでは、指定した回数だけを繰り返すための構文として、for構文を紹介しました。しかしときには、指定した回数だけを繰り返すのではなくて、特定の条件が成り立っている間は、ずっと繰り返したいこともあります。そのようなときにはwhile構文を使います。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]