logo

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第87回 GoogleにおけるMutation Testの実践(パート2)

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第87回 GoogleにおけるMutation Testの実践(パート2)」を公開しました。

###

はじめに
 前回に続いて、2018年に公開された論文「State of Mutation Testing at Google」を元にして、「Mutation Test(ミューテーション・テスト)」と呼ばれるソフトウェアのテスト方法について、Googleにおける取り組みと、その有効性の分析結果を紹介します。

Mutation Testの流れ
 前回の記事では、Googleの開発プロセスにおけるMutation Testの流れを説明しました。開発者がコードの変更に伴うレビューをリクエストしたタイミングで、変更対象部分についてMutation Testを実施します。具体的には、変更対象のそれぞれの行に対して、前回の図1に示したコード変更ルールの中から、どれか1つをランダムに選択して適用します。コードの一部を変更すると、変更していない他の部分の動作も変化する可能性があるため、厳密には、コードのすべての行に対してMutationを適用するべきです。しかしながら、実際にこれを行うとMutation Testの実行量が膨大になるため、変更した行のみにMutationを適用しています。(1つのMutationに対して、関連するすべてのテストを実行して、どれか1つでも「正しく失敗する」ものがあることをチェックする必要がある点に注意してください。)

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]