logo

VMware 海外動向 > 第56回 vSphere Bitfusionのお知らせ ~AI・機械学習ワークロード向けのエラスティックインフラ~

CTC教育サービスはコラム「VMware 海外動向 > 第56回 vSphere Bitfusionのお知らせ ~AI・機械学習ワークロード向けのエラスティックインフラ~」を公開しました。

###

本日は、2020年7月末までにみなさんに提供できることになった、vSphere Bitfusionをご紹介します。VMwareは2019年の後半にBitfusionを買収して以来、このリリースを目標にしてきました。vSphere BitfusionはvSphere 7の統合機能であり、vSphere 6.7以降の環境(Bitfusionクライアント側の場合。サーバー側にはvSphere 7が必要です)で動作します。パッケージ化の観点から見ると、vSphere BitfusionはvSphere Enterprise Plusエディションのアドオン機能になります。

私たちのカスタマーはAI/機械学習アプリのデプロイに関して飛躍的に成長しており、これらのアプリの多くは次々とVMwareに配置されています。私たちはこの状況を加速させたいと考えていて、現在は、今までにない方法でGPUなどのハードウェアアクセラレータが使えるようになる最適化されたプラットフォームを用意しています。今やvSphere BitfusionにvCenter Serverプラグインが追加され、vCenter UI内から管理と構成ができるようになりました。

以下に、重要な質問についていくつか取り上げます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]