logo

鍋野敬一郎氏「レガシーERP再生「リフト&シフト戦略」の本質はERPの技能継承」

吉政忠志氏の一言コメントも

鍋野敬一郎氏「ERP再生計画」第27回「レガシーERP再生「リフト&シフト戦略」の本質はERPの技能継承」が日商エレクトロニクスで公開されました。興味がある方はご覧ください。

--
前回は、レガシーERP再生の手段として「リフト&シフト戦略」という考え方についてご紹介しました。まず「リフト」ですが、これは既存のオンプレミス環境のERPシステムをクラウド環境(AWSやマイクロソフトAzureなどパブリッククラウド、プライベートクラウド)へ移行することで、保守運用に掛かるコストと作業を削減するとともに、経年で複雑化した周辺システムなどを統廃合して整理整頓してクラウドへ上げることを「シフト」と呼びます。この「シフト」を行ってから、既存ERPシステムの現状調査を行って次の「シフト」でERP再生を目指します。ここで目指すリニューアルしたERPシステムは、最新版ERPシステムにDXやAI/IoTといった競争力強化に効果がある新しいテクノロジーがERPにプラスされた次世代ERPです。この「シフト」と「リフト」の2ステップで、老朽化したレガシーERPシステムを革新する考え方を「リフト&シフト戦略」と称しています。「シフト」プロジェクトは、IT部門が主導する取組みですが、IT部門内でコントロールできる範囲で収めて10~15%程度のコストダウン/効率化が狙えます。また、「リフト」プロジェクトで既存ERPシステムの現状分析を行って、ERPリニューアルを経営層や事業部門に説明する調査レポートとすることが出来ます。さらに、この作業の企画/実行/調査報告を次期責任者や若手メンバーに任せることで、育成の場とするとともに未来志向でERPシステムをゼロベース検討する転換点となります。今回は、こうした取り組みによるERPの技能継承についてご説明いたします。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]