logo

TikTok Ads、初の周年イベントを開催。日本でのサービス開始2周年を振り返り、プロダクトアップデートを発表。

TikTok Ads 2019年12月05日 10時45分
From PR TIMES

2019年12月3日、TikTok Adsは初の周年イベント「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」を開催しました。



会場に集まった約300名の幅広いジャンルの広告主様および広告代理店様に向けて、TikTok Adsの取り組みを紹介しました。
[画像1: リンク ]



TikTok Adsが日本で提供するサービス(TikTok、BuzzVideo、Ulike、TikTok Ad Studio)とTikTokの2019年トピックスを振り返り、さらに2020年の展望並びにアップデートを予定しているプロダクトを発表しました。

<プロダクトアップデート>(一部)
・ブランドとTikTokクリエイターのコラボレーションをサポートするプラットフォーム「TikTok Creator Marketplace」
・ブランド体験したユーザーを囲い込む「#Challengeリマーケティング」
・ブランド体験をしたインフルエンサーの動画をインフィード広告で届ける「クリエーター リザベーション ブースト」
・広告プラニングで活用していただくための「オーディエンスインサイト」
・キャンペーン効果測定ツールの対応
[画像2: リンク ]



会場には人気TikTokクリエイター9組10名が集結し、日本でのサービス開始2周年のお祝いコメントをいただくという一幕も。また、フォトブースでは、イベント参加者にTikTokやUlikeでの撮影の仕方やコツも伝授してくれました。
[画像3: リンク ]



イベント終盤では「TikTok Award 2019」授賞式を実施。企業部門ではプラチナパートナー、ゴールドパートナー、個人部門ではプラチナパフォーマー、ゴールドパフォーマーを表彰しました。

Annual Marketing Event 2019で発表した内容については、TikTok Ads 公式ブログ(リンク)に詳しく記載しております。ぜひご確認ください。
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]