logo

CEIBSのグローバルEMBA課程がFTランキングで5位の座を維持

China Europe International Business School (CEIBS) 2019年11月19日 16時59分
From 共同通信PRワイヤー

CEIBSのグローバルEMBA課程がFTランキングで5位の座を維持

AsiaNet 81713 (2309)


【上海2019年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】18日に発表された最新のフィナンシャル・タイムズ(FT)・グローバルエグゼクティブMBAランキングによると、中欧国際工商学院(China Europe International Business School、CEIBS)のグローバルEMBA課程は2年連続で世界5位にランクされ、アジアの非連結課程において1位である。今年初めにCEIBSのMBA課程もFTで5位にランクされたことで、同校の経営者教育分野における国際的な影響力の強さがさらに際立っている。

Photo - リンク
(写真説明:CEIBSのグローバルEMBA課程がFTランキングで5位の座を維持)

CEIBSのリ・ミンジュン学長は「今年はCEIBSの創立25周年にあたり、この業績は祝賀への大きな贈り物である。過去25年、CEIBSは中国経済の急速な発展を目撃してきた。CEIBSはその期間中に世界クラスの主要ビジネススクールへと成長した。中国が経済のグローバル化で大きな役割を果たし始めた中、グローバルな経営者教育の焦点は東へと移りつつある。将来が求めるのは国際的な視野と中国の英知を備えた人材であり、CEIBSはさらに多くの企業リーダーを育てる責任を引き受けている」と述べた。

FTの年間ランキングへの参加には厳格な基準と多様な条件があり、世界の経営者教育界では最も広く評価されている1つである。同ランキングは卒業生の昇進、スクールの多様性、授業と研究レベルを網羅する16カテゴリーの総合的審査に基づいている。企業の社会的責任(CRS)も2019年に2回目としてこの条件に含まれていた。

CEIBSのディン・ユアン副学長兼学部長は「この最新ニュースが伝えるように、われわれのEMBAとMBA課程は2年連続で世界のトップ10にランクされた。ランキングの最上位には変動がほとんどない。これは経営者教育市場が成熟点に達しつつあるしるしである。中国に根差したビジネススクールとして、2年連続でトップ5にランクされるというCEIBSの成功は中国とアジアにおける経営者教育の高まりを強調している。また、それはグローバル化を促進する本校の取り組みが効果をあげていることを示している」と述べた。

カテゴリーがランキングに寄与した要素について詳しく見てみると、CEIBSのグローバルEMBA課程の卒業生は「給与水準」と「昇給」でふたたび素晴らしい結果を達成していた。CEIBSは「給与水準」で世界3位の成績を収め、7年連続で世界のトップ5を維持している。それに加え、同校の「就労経験」と「目的の達成」の各ランキングは10位以上も上昇していた。CEIBSは「昇進」でも7位にランクされ、この要素としては初めて世界のトップ10入りを果たした。

「国際的な教育体制」カテゴリーでは、CEIBSは2018年から3位上昇し、「国際的な学生」と「国際的な授業体験」のカテゴリーはそれぞれが2位上昇した。CEIBSはその海外キャンパスと提携校との強力なネットワークを活用し、スイス、米国、ブラジル、イスラエル、インド、ガーナ、東南アジアを含めた5大陸に展開するモジュールを促進している。こうした機会は学生の国際経験をさらに豊かにすることに役立っている。

CEIBSの「FT研究ランキング」が18位も上昇したことも印象的であり、同校の学術研究の強さを裏付けるものである。2014年以来、CEIBSの教授陣は「ビジネス、経営、会計」カテゴリーにおいて、中国で最も頻繁に引用される学者としてエルゼビアのリストで1位にランクされている。2017年に同校は教室での学習と、学生が企業を訪問して幹部と直接対面する現実世界の経験を組み合わせたReal Situation Learning Method(TM)も立ち上げた。

CEIBSの副学部長(研究担当)兼経済学・金融学の教授であるシュー・ビン氏は「学術研究はビジネススクールのランキングで重要な基準であり、『FT研究ランキング』は世界的に評価された最高級の経済と経営の50刊行物に掲載された、本校でフルタイムで働く現職教員の論文の総数と平均数の両方をベースにしている。長年にわたる継続的な取り組みの結果、CEIBSは教員研究管理と報奨の効果的な体系を確立したことで、教員の研究活動と創造性が大きく向上した。『FT研究ランキング』でのCEIBSの飛躍は、この継続的な取り組みの自然な反映である」と述べた。

CEIBSの「企業の社会的責任ランキング」も10位上昇したことは、CSRを促進する同校のさまざまな取り組みを反映している。CEIBSはCSRを推進する中国本土初のビジネススクールで、卒業生が企業開発戦略のレベルまで社会的責任を高めることを奨励する一連のCSR関連アクティビティーを毎年開催している。

CEIBSのグローバルEMBA課程のディレクターで副学部長兼経営管理の教授であるニコラオス・シクリクシス氏は「CEIBSグローバルEMBA課程は最新の経済動向に歩調を合わせ、カリキュラムの最適化を継続的に行っている。同時に、同課程は外国企業にとって中国市場に参入する際の中国に関する実務知識として役に立ち、中国企業のグローバル化を先導・支援している」と述べた。

▽中欧国際工商学院(CEIBS)について
CEIBSはアジアでトップの国際的ビジネススクールの1つで、MBAとEMBAの課程でFTのトップ5リスト入りを同時に達成した唯一の学校である。同校には80カ国以上に2万2000人の卒業生がいて、過去25年にわたって中国と海外の両方の15万人以上のエグゼクティブに広範な経営者課程を提供している。同校は金融MBA、ホスピタリティーMBA、そして幅広いエグゼクティブ教育課程も提供している。中国に関する豊富な知識とグローバルな知見を持つ教員チームを擁するCEIBSは、キャリアのどの段階でもビジネスのリーダーとして、そして世界に影響力を持てるよう養成する独自の体制が整っている。比類のない中国の専門家であるCEIBSは「中国の深さ、世界の広がり」というモットーに導かれている。今年、CEIBSは25周年を迎えて中国の上海、北京、深セン、スイスのチューリヒ、ガーナのアクラの5キャンパスで祝典を開催している。より詳しい情報は(リンク )を参照。

ソース:China Europe International Business School (CEIBS)

画像添付先リンク:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]