logo

サイバーセキュリティ意識とデジタルスキミング

バラクーダネットジャパンはコラム「サイバーセキュリティ意識とデジタルスキミング」を公開しました。

###

毎年10月、バラクーダは、その年の世界中のサイバーセキュリティ意識への取り組みで重視された問題を再検討しています。今年のトピックは旅行に関する助言、職場のセキュリティ、新しいテクノロジを購入する場合の安全の維持などです。トピックのすべての詳細については、NCSAM(National CyberSecurity Awareness Month)とECSM(European CyberSecurity Month)のWebサイトをご参照ください。本稿ではEC(電子商取引)およびデジタルスキミングと一般的に呼ばれている犯罪に関するリスクについて簡単に説明します。
簡単に言うと、デジタルスキミングとはオンラインフォームに入力されたクレジットカードデータなどの個人情報を盗み出す行為です。通常、この行為は、ECでは、顧客がオンラインアカウントにログインするか、会計時に支払情報と配送情報を入力した場合に実行されます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]