logo

クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy」、組織管理機能と検査機能を強化したエンタープライズプランの提供を開始しました

株式会社ビットフォレスト 2019年10月01日 11時50分
From PR TIMES

株式会社ビットフォレスト(東京都千代田区 代表取締役 高尾都季一 以下、ビットフォレスト)は、クラウド型Web脆弱性検査ツール「VAddy(バディ)」において、組織管理機能と検査機能を強化した新プラン(Enterpriseプラン)の提供を本日2019年10月1日より開始しました。



ビットフォレストが提供する「VAddy(バディ)」は、今もっとも手軽なWebアプリケーション脆弱性診断ツールとして、Webサービス提供事業者やWebアプリケーション受託開発会社などで幅広くご利用いただいています。煩雑な初期設定作業を排し高速な検査時間を実現した「VAddy」は、開発スピードが求められる現場において、セキュリティ担当者のみならず、脆弱性診断ツールに触れてこなかったWebプログラマーやWebデザイナー、Webディレクターなどに支持されています。

●VAddy Enterpriseプランの特長

1.組織管理機能

[画像: リンク ]

従来のVAddyが備えているチーム管理機能とは異なり、VAddy利用者のアカウントを管理者がコントロールする機能です。

VAddyでは「チーム機能」を使うことで一つのプロジェクトを複数のVAddyユーザーで共同利用することができます。例えば一つのWebアプリケーション/Webサイトを複数のメンバーで共同開発している場合、各メンバーは自身が開発した部分だけを検査することができます。

しかしながら、これまでのVAddyではチーム機能を使うためにはそれぞれのメンバーが自身でVAddyアカウントを作成する必要があるため、情報システム部門などの管理部門では「社員の誰がVAddyアカウントを持っていて、どのプロジェクトへのアクセス権限を持っているのか」を把握することが困難でした。

VAddy Enterpriseプランに新たに追加された「組織管理機能」では、VAddyを共同利用するユーザーのアカウントは組織管理者が作成するため、情報システム部門などの管理部門は自社社員等のVAddy利用状況を一元管理できるようになります。もちろん社員の就職、退職、異動などによって生じるアカウントの入れ替え作業も容易です。

2.検査内容の強化

VAddy Professionalプランの検査項目に加え、以下の検査項目が追加されます。

ブラインドSQLインジェクション
安全でないデシリアライゼーション(Insecure Deserialization)
XML外部エンティティ参照(XXE)
HTTPヘッダインジェクション

中でも「XML外部エンティティ参照(XXE)」と「安全でないデシリアライゼーション」は、OWASP(The OWASP Foundation)と呼ばれる世界中のWebアプリケーションセキュリティの専門家が参加しているオープンソースコミュニティが発表した「OWASP TOP10 2017」で新設されたカテゴリで近年注目されている脆弱性です。また、「ブラインドSQLインジェクション」と「HTTPヘッダインジェクション」も「OWASP TOP10 2010」から継続してランクインしている「インジェクション」に相当するもので、これまでのVAddyが対応していた「SQLインジェクション」と合わせて、OWASP TOP10 A1(インジェクション)への対応がより進んだ形となります。

参考)OWASP TOP10 2017
リンク

●利用料金
月額¥59,800または年額¥598,000
※いずれも税抜

より詳細な料金体系はVAddy Webサイト料金表をご覧ください。
リンク

●提供開始日
2019年10月1日(火)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]