logo

京阪電車「龍谷大前深草」駅誕生 記念式典および、記念の地域交流イベントを開催

龍谷大学 2019年10月01日 15時22分
From 共同通信PRワイヤー

20191001

学校法人龍谷大学

京阪電車「龍谷大前深草」駅誕生 記念式典および、記念の地域交流イベントを開催

学校法人龍谷大学 (本部:京都市伏見区、学長:入澤 崇)と、京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中野道夫)は、京阪電車「龍谷大前深草(りゅうこくだいまえふかくさ)」駅の誕生を記念して、10月1日(火)早朝7:00から記念式典を開催いたしました。
式典には、京都市長 門川大作様、京都市会議長 山本恵一様もお招きし、「新駅名パネル」の除幕を行い、「地域の魅力向上のために、いっそう連携を強めていく」ことを宣言いたしました。
その他、深草・稲荷地域周辺のさらなる魅力発掘を目的に、龍谷大学の学生が作成した「深草・稲荷まちあるきマップ」の公開や、地域住民の皆様や「龍谷大前深草」駅を利用される方にも楽しんでいただける記念イベント「龍谷マルシェ」を開催。関係者や地域住民の方、約500名が訪れ、龍谷大学農学部の農場で収穫したメロンで作ったジュースの配布や、野菜の販売、大学オリジナルブレンド紅茶の試飲などで、賑わいました。

■記念式典

【画像: リンク
門川大作 京都市長
【画像: リンク
京阪電気鉄道株式会社 中野道夫社長
【画像: リンク
龍谷大学 入澤崇 学長
【画像: リンク
除幕式の様子

■深草・稲荷まちあるきマップ
深草・稲荷地域周辺のさらなる魅力発掘を目的に、龍谷大学の政策学部只友ゼミの学生が地域の拠点を調査、取材し作成しました。QRコードからアクセスできるオンラインマップは、地図上の拠点をクリックすると詳細情報を閲覧することができます。第一弾は深草地域の郷土玩具である「伏見人形」をテーマに、関係のある拠点を調査、取材し、学生の視点で記事を執筆しています。
拠点は今後も追加する予定で、引き続き、地域の魅力を発掘する新しいテーマに取り組んでいきます。
日本語、英語、中国語で深草・稲荷地域の歴史や名所を紹介し、地域の方や観光客など多くの方々に、深草・稲荷地域の魅力を伝えます。今後も龍谷大学の学生達がコンテンツを充実させていきます。
サイトURL
リンク


【画像: リンク
マップを作成した只友ゼミの学生たち
【画像: リンク
マップの解説をする龍谷大学政策学部 森悠一郎さん

■龍谷マルシェ
当日11:00から、地域の皆様や「龍谷大前深草」駅利用される方にも一緒に楽しんでいただく、記念イベントとして「龍谷マルシェ」を開催いたしました。


【画像: リンク
龍谷大学農学部で収穫したメロンのジュースを配布
【画像: リンク
龍谷大学農学部で収穫した野菜・お米も販売
【画像: リンク
龍谷大学オリジナルブレンド紅茶「深草''OTOME''」の試飲
【画像: リンク
食品ロス「0」を目指す「もったいないスーパー」も開催

■「龍谷大前深草」駅について
主に周辺にお住まいの皆様が利用されるとともに、同駅から徒歩3分に位置する本学関係者が利用しております。歴史ある深草の地名を残しつつ、龍谷大学の名称を加えることで、お客さまにとって分かりやすい駅名を実現させ、地域とさらに連携したまちづくりを目指します。

京阪線 深草駅について
開設日     1910年4月15日
所在地     京都市伏見区深草ススハキ町38番地
乗降客数   13,052人/日(2018年旅客実態調査)


【画像: リンク







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]