logo

海外RPAコラム「人工知能時代で成功するためのビジョンとは」(野田貴子氏)

海外RPAコラム「人工知能時代で成功するためのビジョンとは」(野田貴子氏)が日商エレクトロニクスで公開されました。

###

今日、「モバイルファースト」で「セルフサービス」の機能を可能にするITイニシアチブが主流になっていますが、エンドユーザーの作業は簡単になったものの、組織はデータにアクセスし、データを送信・活用する方法について混乱することがよくありました。ABBYYのチーフイノベーションオフィサーであるAnthony Macciolaは、組織による情報操作の方法が多数あることから生じる複雑さや、新たなチャンスを活用するためのABBYYのビジョンについて説明しました。

■伝統による強み

上級管理職や技術リーダーは、どのように情報をより効率的に管理し、有用なものとしていくか奮闘しています。Macciolaによると、ABBYYが優れているのはこの点です。「私たちには言語学、画像処理、キャプチャ、機械学習に関する長年の経験があるため、機械学習や人工知能への新たなニーズに対して、主導的な役割を果たすことができる独自の立場にあります」と彼は述べました。

ABBYYは構造化されていない文書を実用的な洞察に変換し、より良い結果を達成する認知技術を提供するために、この伝統を活用して指導的立場を取れる良い立場にあるとも付け加えました。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]