logo

マイナビ、非正規雇用の「給与に関する業種別企業調査」を発表

マイナビ 2019年07月05日 11時00分
From PR TIMES

~給与を上げた理由は「人材確保のため」がトップに~

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、非正規雇用(アルバイト/派遣/契約社員)の採用業務担当者を対象に、非正規雇用の「給与に関する業種別企業調査」を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。(有効回答数:1,519名)



[画像1: リンク ]

【TOPICS】
・直近半年間の給与変更について、アルバイトの給与は「上げた」が5割弱、派遣社員、契約社員の給与は「変わらない」が5割超え。
・給与を上げた理由は、「人材確保が難しくなったため」が7割弱と多い結果に。
・今後の給与を上げる理由のうち、「モチベーションアップ」や「正社員との待遇差改善のため」がアルバイトよりも派遣社員と契約社員の方が高くなった。

【調査概要】
非正規雇用の直近半年間の給与について、アルバイトの給与は「上げた(46.7%)」とした回答が最も多く、派遣社員や契約社員の給与は「変わらない」が5割を超えた。また、業種別にみると雇用形態問わず「警備・交通誘導(セキュリティ・設備工事等)」が給与を「上げた」という回答が多かった。【図1】

給与を上げた理由は、「人材確保が難しくなったため(アルバイト:69.2%、派遣社員:64.9%、契約社員:64.8%)」が最も多く、次いで「既存社員のモチベーションアップのため(アルバイト:36.9%、派遣社員:38.7%、契約社員:44.3%)」が多かった。【図2】

今後、非正規雇用の給与を上げる理由は、全ての雇用形態で、「人材確保が難しくなったため(アルバイト:76.0%、派遣社員:70.9%、契約社員:66.2%)」が最も高い結果となった。また、派遣社員と契約社員の給与を上げる理由で、「既存社員のモチベーションアップのため」や「正社員との不合理な待遇改善のため」の数値がアルバイトの数値よりも10pt以上高くなった。新たな人材の確保だけでなく、既存社員の定着のため、正社員により近い働き方をしている派遣社員と契約社員の待遇改善を目的としていることが考えられる。【図3】


【図1】直近半年間に、非正規雇用の社員の給与を変更しましたか。(単一回答)

<アルバイト>


[画像2: リンク ]



<派遣社員>


[画像3: リンク ]



<契約社員>

[画像4: リンク ]



【図2】非正規社員の給与を上げた理由をすべて回答ください。(複数回答)

[画像5: リンク ]


【図3】今後、非正規社員の給与を上げる理由をすべて回答ください。(複数回答)

[画像6: リンク ]



-------------------
マイナビ「給与に関する業種別企業調査(アルバイト/派遣/契約社員)」概要
【調査方法】 インターネット調査
【調査期間】 2019年5月10日(金)~2019年5月20日(月)
【調査対象】 直近半年間以内に非正規雇用の採用業務に携わった20歳~69歳の男女 ※調査時点
【有効回答数】 1,519名
※調査結果の詳細は、会社HPのニュースリリース(リンク)からご確認いただけます。
-------------------

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 アルバイトリサーチチーム
Tel:03-6267-4425 Fax:03-6267-4145
Email:myArm@mynavi.jp

【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部
Tel:03-6267-4155 Fax:03-6267-4050
Email:koho@mynavi.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]