logo

2019年度大手腫瘍学組織の競合ベンチマーク:米国の固形腫瘍および液性腫瘍市場を形成している商業化の動向

ファーマ・フォース・インターナショナル(PharmaForce International) 2019年05月23日 11時26分
From 共同通信PRワイヤー

2019年度大手腫瘍学組織の競合ベンチマーク:米国の固形腫瘍および液性腫瘍市場を形成している商業化の動向

AsiaNet 78877


 ファーマ・フォース・インターナショナル(PharmaForce International)の2019年度の腫瘍学研究は、世界中の主要なオンコロジー販売およびマーケティング組織の主要な支出および組織的アプローチをベンチマークしています。米国は、PFIが腫瘍学市場で扱っている5つの地域のうちの1つに過ぎません。

 ペンシルベニア州、レディング市2019年5月23日/ PRニュースワイヤ/ -- PFIの最新米国腫瘍学ベンチマークレポート(リンク )が完成され、今月中に購入できるようになりました。このレポートは、主要なオンコロジーのフランチャイズの詳細な分析を提供して、34の製薬会社およびバイオテクノロジー企業を描いています。この最新の研究には、液性腫瘍および固形腫瘍の米国市場に影響を及ぼしている商業開発に関する重要な洞察が含まれています。

その中で捉えられた市場動向は次の通りになります。

•2018年から2019年にかけてのHCP(医療ケア従事者)へのアクセスを改善するための主な商業的再調整
•共同商業化の協定の詳細
•企業間併用療法の承認およびそれに基づく商業化への取り組み
•ハイブリッド分野の医療関係者の役割とHEOR(Health Economics and Outcomes Research-疾患治療による経済への影響や、その患者が社会に及ぼす影響の統計的な分析)分野の専門化
•オンコロジーに特有の分野経営市場へのアプローチ
•病理学への焦点の強化

 来月中に利用可能になる、PFIのオンコロジーレポートで扱われる追加の地域はインド(リンク )とヨーロッパ(リンク )(フランス、ドイツ、イタリア、スペインとイギリス)になります。さらに、日本(リンク )とラテンアメリカ(リンク )(アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、メキシコ)の腫瘍学ベンチマーク研究は、今年の次四半期に発表される予定です。

これらのレポートの各企業のセクションでは、以下に関する最新の情報とともに、関連性のある戦略的開発を特定します。

•オンコロジーフランチャイズの戦略的概要
•オンコロジーに特有の分野市場へのアクセスへのアプローチ
•主要な商業担当者の配置
•組織構造と報告関係
•製品ポートフォリオの管理
•対象となる医師によるブランド別の詳細数
•学術およびその他の支払者中心分野の医療資産の配置と役割
•営業職員の補償

 上記のレポートの詳細については、
Joyce Wedemeyer(Joyce.Wedemeyer@strategicreports.com )またはお電話(610-370-2906)でお問合せしてください。

PharmaForce International(PFI)は、製薬およびバイオテクノロジー業界で20年以上の経験を持つ、競争力のある情報機関です。 PFIは、商業事業のベンチマークおよび競争力のあるインテリジェンスにおける市場リーダーとなっています。 当社は世界中の市場に焦点をおいており、主要な製薬市場で顧客によって要求される研究を独自に実行するための資格を与えられたマーケットプレイスの専門家を雇っています。 


追加のリソース:
ホーム(リンク
当社に関して(リンク
研究(リンク
お問い合わせ(リンク

ソース:ファーマ・フォース・インターナショナル(PharmaForce International)

関連リンクリンク

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]