logo

『ぷよぷよeスポーツ』真の王者を決める特別なプロ大会「ぷよぷよファイナルズ SEASON1」初代の栄冠は誰の手に!?

株式会社セガゲームス 2019年04月24日 14時40分
From PR TIMES

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社セガゲームスは2019年4月20日(土)、アクションパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」の年間チャンピオンを決める大会「ぷよぷよファイナルズ SEASON1」を、宮崎県宮崎市のリゾート施設フェニックス・シーガイア・リゾートにおいて開催しました。年間チャンピオンにはランキングポイント1位で出場を決めていた優勝候補筆頭のdelta選手が輝き、副賞として賞金100万円が贈られました。



[画像1: リンク ]

「ぷよぷよファイナルズ SEASON1」は、2018年度のぷよぷよランキング プロ1位~7位と、4月13日に行われた「ぷよぷよランキングプロ選抜大会」の優勝者1名、計8名で争う、真の王者を決める特別なプロ大会です。
試合は、ランキングにより2つのブロックに分けて、10勝先取で勝利という過酷な条件でのリーグ戦を行います。
そのリーグ戦を勝ち抜いた1名ずつが、決勝戦で対戦し王者が決定します。
会場は、セガサミーグループの子会社フェニックスリゾートが運営するリゾート施設「フェニックス・シーガイア・リゾート」。
「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」を中心に、プール、ゴルフ、公園、アミューズメント施設など、複合型のリゾート施設となっています。
[画像2: リンク ]

トップランカーばかり出場している大会なので、予選から実力伯仲でフルセット連続の名勝負が繰り広げられました。
そんな中、Aブロックを勝ち抜いたのはランキング1位のdelta選手。厳しい戦いながらも全勝で勝ち抜けました。
一方のBブロックは大激戦となり、高校生プロプレイヤー・マッキー選手と、地元九州/長崎出身のfron選手の最終戦で、勝ったほうが決勝進出という、大一番を迎えることとなりました。

運命の第12試合。プロの選手からの評価も高いマッキー選手が先勝。対戦相手のfron選手が2セット目を取り、第3セットはマッキー選手が有利に試合を進め、9-7とマッチポイントを握ります。しかし、実況解説のくまちょむ選手に「試合中に成長している」と言わしめたfron選手がここから逆襲。終わった、と思ったところから連鎖に連鎖で返す応酬となり、また、大連鎖と見せかけて途中で止めるなどの高度なテクニックをお互いに繰り出し、最後は
少しの差でfron選手が大逆転勝利を収めました。
ぷよぷよeスポーツ史上、最も劇的と言っても過言ではない展開に、実況解説のくまちょむ選手は「もうなんもいえない」と精根尽き果てた状態となりました。

決勝戦は、5ゲーム先取で1セット奪取。2セット取れば優勝という、今までより更に過酷なルールで行われました。
勝負は互角の展開が続き、1セット目も2セット目も9ゲーム目までもつれる熱戦となりました。
実況解説を務めたTom選手も「(fron選手の)進化が止まらない」とのコメント。
1セット目は5-4でdelta選手、2セット目は5-4でfron選手が取りました。
勝負の行方がかかった3マッチ目、さらに進化していたのはdelta選手の方でした。
最後は5-1でdelta選手が取り、優勝が決定!
初代年間チャンピオンはdelta選手となり、副賞の100万円も手に入れました。

優勝したdelta選手は、「素直に嬉しいです。ぷよぷよを楽しくやれて嬉しかったです」と語り、「進化が止まらない感覚はありました」と激戦を糧にしてさらに力を付けた様子でした。優勝賞金の100万円は、その一部を、東京/上野の「ぷよぷよeスポーツ」コミュニティに提供するということで、「ぷよぷよeスポーツ」を盛り上げていくことに貢献されるとのことです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]