logo

アルケマ、中国のサートマー社工場で光硬化樹脂の生産能力を30%増強、生産を開始

アルケマ 2019年04月16日 10時28分
From 共同通信PRワイヤー

アルケマ、中国のサートマー社工場で光硬化樹脂の生産能力を30%増強、生産を開始

AsiaNet 78279


2019 年 4 月 16 日、フランス・コロンブにて
アルケマは、中国広東省南部南沙にある光硬化機能性樹脂の生産工場において、30%の生産量拡張を開始しました。この新しい生産ラインをオープンすることにより、電子機器、接着剤、インクジェット印刷市場における、アジアでの強い需要に対応することが可能になります。この投資は、最先端の持続可能な光硬化技術のために、最先端のソリューションを開発する、サートマー社の戦略の大きなサポートとなります。

新しい生産ラインでは、最先端の UV、LED および EB(電子線)機能性樹脂を生産し、それらの製品は電子機器など のハイエンドアプリケーション向けの光硬化用途に優れた機能と性能を備え、スマートフォン、タブレット、テレビ画面だけでなく、プリント回路の製造や設計にも使用されています。この生産ラインでは、サートマーのユニークな 3D プリンター向け樹脂製品シリーズ    N3xtDimension(R)も生産しています。

アルケマのアドバンス・マテリアル部門エグゼクティブ・ヴァイスプレジデント Christophe Andreは、「革新的な性能と機能を 備えた最先端の光硬化性樹脂を世界中のお客様に提供し、それぞれの市場で競争力を高めるということが当社の目標です。今回の新生産ラインへの投資で、目標を実現できるよう取り組んでいきます。この新しい生産ラインを計画通りオープンするために支援していただいた、ビジネスパートナーの皆様と社内の担当従業員に感謝しています。また、サートマーの製品を使用していただき、長年にわたり継続的な信頼とサポートをいただいているお客様にも大変感謝しています。」とコメントを述べました。

ヨーロッパ、アジア、米国に生産拠点と研究開発施設を持つサートマーは、特殊な光硬化樹脂の世界的リーダーです。各地において存在感が高く、オーダーメイド開発のための高品質な技術サポート、および現地での迅速な物流サービスを提供しています。

サートマーの無溶剤特殊機能樹脂は環境にやさしく、揮発性有機化合物(VOC)の低排出量に関する世界基準に準拠しています。また、国連の持続可能な開発目標(SDG)に貢献するために、持続可能な解決策を開発・提供するというアルケマの戦略の一環でもあります。


材料と革新的ソリューションの設計者であるアルケマは、様々な材料を具現化して新たな用途を創造し、顧客製品のパフォーマ ンス向上に貢献しています。当社の事業は、高機能材料、産業用スペシャリティ製品、コーティングソリューションの 3 領域を 柱とするバランスの良い構成になっています。世界的に認知された当社ブランド群は活動する市場でリーダー的地位を確立して います。全社従業員約 20,000 人が世界約 55 カ国で事業活動に従事しています。2018 年の全社年間売上高は約 88 億ユーロです。当社はすべての利害関係者(ステークホルダー)の皆様との積極的関係づくりに努めています。北米、フランス、アジアの 研究センターでは、バイオ関連製品、新エネルギー、水処理、電子ソリューション、軽量材料及び軽量設計、住宅の省エネルギーと断熱の進歩発展に取り組んでいます。その他の最新情報については当社ウェブサイト www.arkema.co.jp をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]