logo

今後4年間で約3倍に伸びるWAF市場にて、正しいWAFの選び方を考える。

マーケティングアウトソーシングのトップランナー吉政忠志氏による新連載

セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるバラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越 大造、以下バラクーダネットワークス)は吉政忠志氏による新連載「今後4年間で約3倍に伸びるWAF市場にて、正しいWAFの選び方を考える。」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。吉政創成の吉政でございます。早速ですが、以下の調査データをご存知でしょうか?

「ガートナー社によると、2023年には、Webアプリケーションの30%以上が、分散型サービス拒否(DDoS)保護、ボットの軽減、APIの保護、WAFを組み合わせたクラウドーベースのWebアプリケーションおよびAPIプロテクション(WAAP)サービスによって保護されると示唆しています。現在は10%未満のWebアプリケーションのみが保護されているので、大きな増加となるでしょう。」

このデータを見ると、現在10%未満のWebアプリケーションサーバでのWAF普及率が4年後の2023年には30%に達する見込みであるということが書かれています。つまり、市場規模が3倍に伸びるということです。

ビジネスコンサルタントである私の見解を述べれば、セキュリティは総合防御が必要という認識が広がってきたからであると考えています。簡単に説明しますと、今の時代、アンチウイルスだけやっておけば、パソコンの安全は保たれると思っている人は誰もいませんよね。これがWAFでも何でもそうなのです。攻撃手法が複雑かつ巧妙化しており、コンピューターでの攻撃ですので、一気かつ全方位的な攻撃をやりやすいのです。それゆえに、セキュリティの専門家に聞いても1つのソリューションでサイバー攻撃から守れると言っている専門家がいないのです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]