logo

ENNクリーンエネルギー・バリューチェーンがLNG2019で大々的にデビュー

ENN Group 2019年04月08日 16時12分
From 共同通信PRワイヤー

ENNクリーンエネルギー・バリューチェーンがLNG2019で大々的にデビュー

AsiaNet 78196(0584)


【上海2019年4月5日PR Newswire=共同通信JBN】「LNG for a Sustainable Energy Future(持続可能なエネルギーの未来のためのLNG)」をテーマに掲げる19th International Conference & Exhibition on Liquefied Natural Gas(第19回国際液化天然ガス会議・展示会、LNG2019)は2019年4月2日、Shanghai World Expo Exhibition & Convention Centerで大々的に開幕した。中国の大手クリーンエネルギー・プロバイダーであるENNは同イベントで、完全なクリーンエネルギー・バリューチェーンの概観をプレゼンテーションした。

Photo - リンク

同展示会で必要最小限度の半透明のブースデザインを使用するENNは、業界イノベーションとアップグレードを推進するため、クリーンエネルギー開発の未来と、世界規模のパートナーシップ活用のビジョンを展示した。

世界最速の成長をするLNG市場であるチョウシャンLNG受入ターミナルと強力な非パイプライン貯蔵および流通ネットワークに裏打ちされたENNは、国内外のLNGサプライヤーをシームレスにクライアントと結び付けることができており、資源、技術、流通、デジタル化における優位性を伴う経済的でクリーン、効率的、安全かつ信頼できるエネルギーサービスを提供する。

今回の展示会で、ENN Groupのチャン・イエシェン最高経営責任者(CEO)はChevron、Santos、CNOOC、Shenergy GroupなどのENNパートナーのブースを訪問し、管理チームと突っ込んだ意見交換を行った。Santosのケビン・ギャラガーCEOはENNのブースを訪問した。Santosはアジア太平洋地域およびオーストラリア向けの石油・ガスの独立系サプライヤーである。ENNはENN Ecological Holdingsを通じた戦略投資によってSantosの最大株主になった。

Photo - リンク

ENNのチャン・イエシェンCEOは4月4日、LNG2019フォーラムで基調講演を行った。同氏は「中国で急伸するLNG需要は『石炭から石油へ』政策、良質な工業開発の要求、さらに青空、きれいな水、きれいな土壌を守る行動を求める声などによって促進されている。将来、長い年月の間、中国は世界最高のLNG成長の市場となる」と語った。

LNG輸入への依存を高める中国について、チャン・イエシェンCEOはチョウシャンLNG受入ターミナルが今後もLNG受入、貯蔵、経由、LNG船荷の機能を整備し、寧波、洋山、温州、ルドンのLNG受入ターミナルと連携し、長江デルタと中国東部全体にサービスを提供するLNG海上輸送ネットワークを形成していくと語った。同CEOは「中国は世界のLNG開発の中心であり、チョウシャンLNG受入ターミナルは世界資源と中国市場をつなぐ重要な役割を果たすことになる」と語った。

2018年10月、中国の民間企業が投資、運営する最初の大規模LNG受入ターミナルでもあるENNチョウシャンLNG受入ターミナルの第1段階プロジェクトは完成し、操業を開始し、年間LNG処理能力は最大300万トンである。第2段階プロジェクトも開始され、年間LNG処理能力は短期的には500万トン、長期的には1000万トンになるとみられている。

チャン・イエシェンCEOは「われわれは、北東アジア市場全体を反映するLNG物価指数であるZhoushan Indexを徐々に作成していく。これは、当社のLNG海上輸送ネットワークと既存のチョウシャンLNG取引市場、上海および重慶のLNG取引センターによって可能になり、政策、地理的な位置、資源、業界チェーンにおける当社の優位性がフルに発揮される」と語った。

International Gas Union(IGU)、Gas Technology Institute(GTI)、International Institute of Refrigeration(IIR)が開催したInternational Conference & Exhibition on Liquefied Natural Gasは、同業界が業界のために運営する唯一のLNGイベントである。バリューチェーン全体をカバーするテーマは「The Olympics of the LNG industry(LNG業界のオリンピック)」と呼ばれている。LNGイベントシリーズは1986年に始まり、3年に1回、LNG輸入・輸出国が主催してきた。今回は中国が開催した初のイベントであり、LNG2019は中国でこれまでに開催された中で最大のLNGイベントである。

ENNは、クリーンエネルギー・バリューチェーンにおける同社の戦略およびその強みを示し、国内外のパートナーからの認識を幅広く得るチャンスとしてLNG2019を捉えている。ENNは最新のエネルギーシステムを構築することを目標にして世界の全てのパートナーと協力し、相互にメリットがある成果を達成する。

ソース:ENN Group

写真のリンク:
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]