logo

社会課題の解決を目指す 「INCF ビジネス・アクセラレーション・プログラム2019」を開催

株式会社三菱総合研究所 2019年04月02日 14時58分
From 共同通信PRワイヤー

2019年4月2日

三菱総合研究所 オープンイノベーションセンター

社会課題の解決を目指す
「INCF ビジネス・アクセラレーション・プログラム2019」を開催

株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長 森崎孝、以下「MRI」)が運営する未来共創イノベーションネットワーク(以下「INCF」)は、ビジネスによって社会課題解決を目指すための「ビジネス・アクセラレーション・プログラム(BAP)2019」を開催します。INCFが重点的に取り組む6テーマに加え、社会課題全般への提案を募集します。応募者・入選者に対するアドバイス、メンタリングを充実し、ビジネス実現の加速を図ります。

MRIは、「100億人が豊かに暮らせる持続可能社会」を実現するため、革新的技術とオープンイノベーションを活用して社会課題の解決策を共創・実現するプラットフォーム“未来共創イノベーションネットワーク リンク”を提唱し、事務局としてその運営にあたっています。 

INCFでは、これまでに「ウェルネス」「エネルギー・環境」「水・食料」「モビリティ」「防災」「教育・人財育成」の6テーマについて、ビジネスアイデアコンテストを4回実施し、延べ400件以上の応募を受け付けてきました。今年は、昨年同様、これら6テーマに加えて、社会課題全般に対する提案を広く募集するとともに、応募者・入選者に対するアドバイス、メンタリング提供を一段と充実させ、ビジネス実現の加速を図ります。
【スケジュール】
4月2日(火)~5月31日(金):募集期間
6月上旬~6月下旬:1次選考(書類審査)
7月3日(水)、8日(月):2次選考(プレゼンテーション審査)
7月下旬~9月上旬:メンタリング
9月6日(金):最終審査会(「ビジネス・アクセラレーション・プログラム・アワード」)

本プログラムでは、応募されたビジネスモデルを“社会的インパクト”(解決する社会課題の深刻度やボリューム)、“事業性”(ビジネスの特徴・優位性)および“チーム”(メンバーの熱意、事業推進力など)の三つの観点から評価します。2次選考を経て最終審査会に進出するファイナリストには、当社研究員が約1.5カ月間、メンタリングを実施し、ビジネス実現を支援します。最終審査会では、最優秀賞・三菱総研賞に加えて、INCF会員からの「会員賞」の授与を予定しています。また、10月に開催される国内最大の最先端テクノロジーの展示会「CEATEC 2019」でのピッチイベントへの参加の機会をご用意します。
本プログラムは、社会課題解決につながる優秀なビジネスモデルを表彰するだけでなく、最終審査会以降にINCFにご入会いただき、他の多くの会員とビジネスを共創していくための入り口として位置付けています。
共創によるビジネスで社会課題解決を目指す、熱意ある皆さまのご応募をお待ちしています。

プログラムおよび説明会の詳細はビジネス・アクセラレーション・プログラム2019の特設サイトをご覧ください。
リンク

※ビジネス・アクセラレーション・プログラム:社会課題の解決策集積の一環で、国内外のベンチャー、研究者等からビジネスモデルを募集・表彰するもの。選出されたファイナリストには、当社研究員によるメンタリングを実施、ビジネス実現・加速を支援します。






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]