logo

同志社大学ラグビー部・独立行政法人国際協力機構 JICA海外協力隊派遣に向けた連携覚書を締結!

学校法人同志社 同志社大学 2019年04月03日 14時51分
From 共同通信PRワイヤー

2019年3月30日

学校法人同志社 同志社大学

同志社大学ラグビー部・独立行政法人国際協力機構 JICA海外協力隊派遣に向けた連携覚書を締結!

 同志社大学ラグビー部と独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)はインドにおけるラグビーの発展とそれを通じた青少年の健全育成を目指し、JICA海外協力隊派遣に関する大学連携事業の覚書を締結し、3月29日同志社大学京田辺キャンパスにおいて署名式が行われました。
 署名式には、西野恭子JICA関西所長、上田雅弘同志社大学学生支援センター所長、沖田行司同志社大学体育会ラグビー部長が出席しました。覚書署名の後、西野所長は「同志社大学の知見・人材を生かし、JICAの行う海外ボランティア事業をさらに推進したい」と、また沖田部長は「今後はラグビーだけでなく、同志社大学体育会全体で国際貢献をしていきたい」と述べました。
 今回の事業は、国際主義という教育理念の下でスポーツを通じた人物養成を目指す同志社大学と「スポーツを通じた国際協力」を通じ開発途上国の社会的包摂や平和の促進に取り組むJICAとの間で、国際協力に関する大学連携の可能性について2017年9月より協議を重ねてきた成果です。インドにおけるラグビーの普及・振興並びに青少年の健全な育成と大学の国際協力分野における人材育成を図るため、本学ラグビー部員(又は卒業生)約10名が毎年約1か月間、JICAの海外協力隊として現地に派遣されることになりました。本事業は今年から4年間にわたり実施される予定です。
【画像: リンク
左から署名式に出席した沖田ラグビー部長、上田学生支援センター所長、西野JICA関西所長





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]