logo

第7回『アジア・アントレプレナーシップ・アワード2018(AEA2018)』開催


アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会は、第7回「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2018(以下:AEA2018)」を柏の葉キャンパス(千葉県柏市)にて2018年10月31日(水)~11月2日(金)に開催します。

第7回大会となる今回は、アジアを中心とする13の国と地域から選出された注目の技術系ベンチャー企業20社がエントリーしました。

開催地となる柏の葉キャンパスでは、2017年に国立がん研究センター東病院にて医療機器イノベーションを創出・発信する「NEXT 医療機器開発センター」が開設されています。また同年には、周辺エリアにIoT通信環境が整備されており、来春にはAI研究開発拠点新設も予定されているという背景から、AEA2018においてはAI/IoTおよびメディカル/ヘルスケア分野の事業を行うベンチャー企業を参加要件としています。

アワードは、(1)事業の革新性および経済的・社会的影響力、(2)事業の実行力、(3)日本の大企業との連携の可能性から審査され、入賞企業は賞金のほか、三井不動産が運営するコワーキングスペースの利用権および、日本の事業進出の展開サポートが受けられます。これまでに134社が参加し、AEAの出場を契機に、日本支社の立ち上げおよび日本企業との連携に繋がっています。今回日本からは、PLIMES株式会社、ヒラソル・エナジー株式会社、エピグノシステムズ株式会社、株式会社A-tractionの4社が出場します。

AEAでは、アジアのベンチャー企業や、大手民間企業から支援者まで、産官学が一体となったアジアのイノベーション創造におけるエコシステム(生態系)構築を目指しています。

<柏の葉キャンパスについて>
柏の葉キャンパスでは、都市課題を解決する「柏の葉スマートシティ」を目指し、公・民・学 連携で「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」の3本柱で街づくりを推進しています。「新産業創造」の点では、2017年秋頃より、柏市、筑波大学、東京大学の協力を得て、柏の葉キャンパスを中心としたつくばエクスプレス沿線一帯にIoT通信ネットワーク環境を構築しており、2018年より街の環境情報を取得・可視化して、住みやすい街づくりの為の実証実験を始めています。また、2018年6月には、IoTの普及を目指すコミュニティとして「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」が設立されました。

開催概要
・日時:2018年10月31日(水)~2018年11月2日(金)の3日間 ※11月2日のみ一般公開
・会場:31VENTURES KOIL(千葉県柏市)
    柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県柏市)
・主催:アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
・共催:三井不動産株式会社、国立大学法人東京大学産学協創推進本部、
    一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ、日本ベンチャー学会
・公用語:英語(一部プログラムは日本語または日英同時通訳にて進行)
・一般参加:11月2日(金) 一般:5,000円(税込)、学生:無料
 ※お申し込みは公式ウェブサイト、またはチケット販売サイトPeatix(リンク )にて受付中
・公式HP:リンク

プログラム
DAY1(10月31日)
・関係者によるウェルカムパーティ

DAY2(11月1日)
・トークセッション
内容:各国のベンチャー事情紹介(中国、韓国、台湾、タイ)を予定
・柏の葉プロジェクトの紹介およびスマートシティツアー
・メンタリングセッション
・スペシャルセッション
内容:AEA2017準優勝企業:ViSenze社(シンガポール)CEO Oliver Tan氏による講演
・ネットワーキングパーティー
DAY3(11月2日)一般公開日
・セミファイナルセッション
・スペシャルセッション
内容:過去出場企業の今
登壇者: POH KAM WONG(Singapore)/ PROFESSOR, NATIONAL UNIVERSITY OF SINGAPORE
SIVA RAMAMOORTHY(India) / Mentor, Zone Startups他
・ファイナルセッション(6社)
・特別講演:iHeart Japan株式会社 代表取締役 角田 健治 氏
・フェアウェルレセプション、受賞者発表(※一般公開なし)

アワード概要
<審査方法>
セミファイナルにてエントリー企業全20社が各社10分間のプレゼンテーションを行い、上位6社がファイナルに進出。ファイナルでは10分間のプレゼンテーションを行い、公正な審査のうえ各賞受賞者を選出します。

<審査基準>
(1)事業の革新性/経済的・社会的影響力 (世界経済・社会に変革をもたらす可能性、事業の拡張性)
(2)事業の実行力 (競争優位性、マネジメントチーム、戦略の全体整合性、プレゼンテーションスキルを含むコミュニケーション能力)
(3)日本の大企業との連携の可能性

<賞の内容>
・優勝企業:賞金100万円
・準優勝企業:賞金50万円
・第3位:賞金30万円
・柏の葉賞:賞金15万円 受賞企業の技術・製品・サービスを、柏の葉の街づくりコンセプトへの適合性、実装可能性から判断して採用を検討します。
※31VENTURES賞:上記の受賞企業には副賞として、三井不動産が運営する31VENTURESオフィスのコワーキングスペース使い放題プランを2年間3名様に進呈

エントリー企業一覧
アジア各国にある技術系の起業家育成・支援に注力している大学やインキュベーション施設と連携し、各国のベンチャーコミュニティのキーパーソンであるノミネーション委員がベンチャー企業を選出。アジアで最も勢いのある技術系ベンチャー企業が日本に集結し本選に臨みます。リンク

<過去の優勝企業>
・2017年 Claro Energy(インド) 太陽光による灌漑ソリューションを提供
リンク

・2016年 BorderPass(マレーシア) 入国審査用紙をデータ化し空港での入国審査を迅速にするサービス
リンク

・2015年 株式会社サイフューズ(日本) バイオ3Dプリンターの開発
リンク

・2014年 T.Ware Pte. Ltd.(シンガポール) 自閉症患者向けのウェアラブルデバイス開発リンク

・2013年 CONNEXX SYSTEMS株式会社(日本) 安全性と高エネルギー密度を両立した蓄電システム開発
リンク

・2012年 Cleabridge BioMedics Pte. Ltd.(シンガポール) 次世代がん診断装置開発
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]