logo

松岡茉優が初めて魅せる、すっぴん素肌美 「今ある私のすべてを表現できました」SK-II #すっぴん素肌プロジェクト

P&Gプレステージ合同会社 2018年07月06日 10時00分
From Digital PR Platform


スキンケアブランドのSK-IIは、女性が本来持つすっぴん素肌の美しさを大胆かつありのままに表現する「#すっぴん素肌プロジェクト」を6名のアンバサダーらと共に、6月8日に開始。時代を象徴する写真を撮り続ける、世界で名高いフォトグラファー集団のマグナム・フォトとタッグを組み、最後にすっぴん素肌を魅せたのは、女優・松岡茉優。この撮影に向けてSK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスとともに挑んだ軌跡を収めた動画を、7月6日に公開しました。

リンク
リンク

SK-IIのプロジェクトに初めて参加した彼女にとって、肌へのメークを施すことのない状態で撮影に挑むことは、女優人生の中で初めての経験。撮影に挑むことへの不安を抱えていた彼女の撮影を担当したのは、時代を象徴する写真を撮り続ける、世界で名高いフォトグラファー集団、マグナム・フォトの精鋭クリストファー・アンダーソンと、アレッサンドラ・サンギィネッティ。彼らによって、大胆かつありのままの松岡茉優の素肌美が写し出されています。

リンク

また今回公開した動画の中では、ありのままの素肌美だけでなく、初めてのすっぴん素肌での撮影に向けて感じていた不安や、フェイシャル トリートメント エッセンスでケアを続けたからこそ得られた撮影に挑む自信など、自然体で飾らない様々な表情をお楽しみいただけます。

リンク

初めてすっぴん素肌でのぞんだポートレイト撮影、その経験を通して感じた想いを松岡茉優は次のように語りました。

Q.肌へのメークなしのすっぴん素肌で撮影ということを初めて知らされた時は、どう思われましたか。
役者のお仕事では、次は警察官、次はお医者さんと、その上結構いろんなことがあって、ちょっとのことでは驚かない耐性はついていたと思っていたのですが、まさかここまで本当にすっぴんになるとは思っていなかったので、正直かなり驚きました。今でもドキドキしています。 

Q.松岡さんにとって肌へのメークをせず、すっぴん素肌で撮影に臨むことはどのような意味がありますか。
固定概念を捨てるということなのかなって思いました。今まですっぴんで撮影をしたこともなかったですし、こうじゃないといけない、この角度が苦手などありましたが、その縛りを捨ててみようと思わせてくれましたし、もっと楽に考えたらいいことあるかなって気持ちにもなれました。 

Q.撮影に向けてどのような準備をされましたか?また、SK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスでケアをされたことは、松岡さんにとってどのような意味がありましたか。
撮影の後やプライベートの時にすっぴんになると、まるでメークをしてる感じのようなツヤ感のある素肌だなって思えるんです。きっと肌のキメが整うことでつるっとするし、そのことがツヤをもたらしてくれているんだろうと感じています。どちらかというと私の肌は乾燥しがちなのですが、フェイシャル トリートメント エッセンスで毎日丁寧にお手入れをすることが、自信をもたらしてくれたと思います。

Q.実際にすっぴん素肌で撮影に臨んでみていかがでしたか。
まわりの皆さんが私の気持ちを盛り上げてくださったので、それが私の心の武器になって、“きっと大丈夫”って思えました。素肌だから、とても自然な飾らない感じの撮影で、だからこそ途中から中身勝負という気持ちにもなってきました。 

Q.世界的で名高い写真家集団マグナム・フォトのフォトグラファーの二人との撮影でしたが、どのように感じられましたか。
最初はとっても緊張していました。素肌での撮影は初めてのことだし、今回は海外チームの皆さんとの撮影だったので。日本のカメラマンさんに撮っていただくのとは全然違うし、求められることもOKと言ってくださるものも違うので、私にとってはとても新鮮な体験でした。また、お二人ともとても心地よく撮影の時間を過ごさせてくれました。アレッサンドラさんは、私の女の子の部分をとても大事にしてくれているのがわかって、自分が特別な女の子になったような気持ちにさせてくれるカメラマンさんでした。クリスさんは、より人間っぽさを撮ってくださっている気がしました。だからとても素の部分だったり強さだったりが写っていて、クリスさんの思う新しい美しさを教えてもらった気がします。
 
#すっぴん素肌プロジェクトでは、SK-IIのアンバサダーである有村架純、ニニ、タンウェイに加え、新たに松岡茉優、チュンシャー、クロエ・モレッツを迎えた6名のセレブリティが参加。SK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスと共に、初めてすっぴん素肌で撮影に挑み、大胆かつありのままの素肌美を魅せています。

また、#すっぴん素肌プロジェクトでは、SK-IIの公式インスタグラムにて、ここでしか公開していない限定のコンテンツを含む様々な表情を順次公開しています。セレブリティ達の撮影に向けた美しい素肌美への軌跡、すっぴん素肌への自信を覗かせる瞬間など、ありのままの素肌美、そして自然体の表情を存分にお楽しみいただけます。

SK-II公式インスタグラム:
リンク
SK-II公式サイト(PC版):
リンク
SK-II公式サイト(スマートフォン版):
リンク

■マグナム・フォトとは
時代を象徴する写真を撮り続ける世界的なフォトグラファー集団。中でも、多数の受賞歴を持つ精鋭フォトグラファーのクリストファー・アンダーソン、アレッサンドラ・サンギィネッティ、ジム・ゴールドバーグが今回の「#すっぴん素肌プロジェクト」のポートレイト撮影を行いました。

■フェイシャル トリートメント エッセンスとは
SK-IIの化粧水「フェイシャル トリートメント エッセンス」は、38年以上も前にSK-II独自の成分であるピテラ(TM)※の発見により生まれました。以来、世界中の何百万もの女性の肌を透明感と潤いに満ちた状態に導き、運命を変える一歩を踏み出す勇気を持つお手伝いをしてきました。
SK-IIの研究者が偶然目にした、造り酒屋で働く年齢を重ねた杜氏の手の美しさに、美しい肌への秘密が「酵母」と「発酵」にあるのでは、とインスピレーションを受け、数年にわたる研究がスタートしたことがSK-II誕生のきっかけ。当時あった約350種もの酵母の中から辿り着いた、たった1つの特別な酵母が独自の発酵の過程で生み出されるのがSK-IIだけの独自成分ピテラ(TM)※です。このピテラ(TM)※に含まれる成分は、肌の天然保湿因子のいくつかを含み、ビタミン類や有機酸類、ミネラル類、アミノ酸類など50種類以上。人工では再現できないバランスは唯一無二であり、フェイシャル トリートメント エッセンスは、そのほとんどがこのピテラ(TM)※でできています。
ピテラ(TM)※は、SK-IIが考える美しい肌に必要な5つの要素であるキメ、ハリ、エイジングケア、くすみ(*)、ツヤの全てに働きかけ、使うほどにうるおいあふれるクリアな素肌に導きます。(*乾燥による)
リンク

■SK-IIとは
1980年に日本で生まれた高級スキンケアブランド。現在日本を含む世界13の国と地域へ市場を広げ世界中の人々に愛され続けています。杜氏の手はなぜ美しいのか、という発想から「発酵」に着目して生まれた独自の整肌保湿成分ピテラ(TM)※を全製品に配合。現在も売上げの一位を誇る基幹製品の化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」から始まり、「透明感あふれる美しい肌づくり」をめざした研究開発により、年齢・肌質を問わず多くのお客様からの信頼によって支えられています。現在、製品数は約50種に増え、世界で一番厳しい目を持つ日本市場において、トップクラスの高級スキンケアブランドへと成長。2018年、SK-IIはブランド誕生38年目を迎えました。
※ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]