logo

「アジアのグラミー賞」金曲奨の国際認知広がる

Taiwan Television Enterprise Ltd. 2018年07月05日 15時33分
From 共同通信PRワイヤー

「アジアのグラミー賞」金曲奨の国際認知広がる

AsiaNet 74260 (1178)

【台北(台湾)2018年7月5日PR Newswire=共同通信JBN】Taiwan Television Enterprise Ltd.(台湾電視公司)が放映した第29回Golden Melody Awards(GMA、金曲奨)が2018年6月23日、盛会のうちに幕を閉じた。授賞式とそれに伴う公演は、ジャム・シャオ、アーメイ、イーソン・チャン、JJ・リン、ララ・スーら強力なキャストとその他の出演者100人余りによって行われた。彼らは業界プロや同じような国際音楽祭の主催者から普遍的な評価を得ている。GMAを推奨する文化省の近年の取り組みのおかげで、米誌Billboardのロブ・シュワルツ東京支局長はGMAのコンテンツ、形式両面が進歩したと称賛し、カナダの音楽祭典NXNEを主催するマイケル・ホレット氏はGMAの制作価値をたたえ、「アジアのグラミー賞」に匹敵すると述べた。

GMAフェスティバルは2018年6月20-23日、会議やビズマッチング・センター、ネットワーキング、展示会、売り込み、ショーケース、GMAヒートなどを盛り込んで行われた。会議に招かれた40人余りの専門家代表は音楽トレンドについて討議し、体験を共有した。会議には1500人以上が参加した。

GMAのパートナーの祭典は、今年の国際音楽祭との協力の形で実を結んだ。タイのロモソニック、日本のベンサム、そしてスウェーデンの人気パンクバンド、マグネッツがショーケースで公演した。コンサート中、No Party for Cao Dong、サンプイ、ジョアンナ・ワン、エリック・チョウなど台湾のアーティスト8組も舞台に立って国際音楽祭プログラマーの喝采を浴びた。イベントには2000人以上が参加した。

GMAフェスティバルには内外の企業計387社(国内321社、海外66社)と業界プロ1026人が参加したが、このうち330社余りはビズマッチング・セッションに登録し、取引額は5億台湾ドルと推定されている。GMAフェスティバルが2014年に始まって以来、参加した業界プロが1000人を超えたのは初めてである。

第29回Golden Melody Awardsはアイデアのニューウェーブをもたらし、多くの取引と協力の機会を促進した。今年のGMAはソーシャルメディアを導入し、公式のFacebook、Instagram、Weibo(微博)に適した素材を開発した。中国Weiboの「#GMA#」タグは18億5000万ビューを記録したとみられる。若い世代のGMA参加意識、その影響、評判は高まった。

Photo - リンク
Photo - リンク

ソース:Taiwan Television Enterprise Ltd.


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]