logo

温度差発電ソリューションを世界展開する『MATRIX INDUSTRIES』熱い男のための充電不要なスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch X(パワーウォッチ エックス)」

MATRIX Industries 2018年07月03日 14時00分
From PR TIMES

~2018年7月5日(火)より発売開始~

 消費者及び産業アプリケーション向け温度差発電ソリューションを世界で展開するMATRIX INDUSTRIES (所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州メンロパーク、CEO:Akram Boukai、以下 MATRIX)は、鍛えあげられた体を持った熱い男に向けた、体温で発電する新上位モデルのスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch X(パワーウォッチ エックス)」を2018年7月5日(火)より発売します。



[画像1: リンク ]


【MATRIX PowerWatch X(マトリックスパワーウォッチ エックス)について】

[画像2: リンク ]

 MATRIX PowerWatchは世界初の、体温で発電するスマートウォッチです。ユーザーの体温を動力源とする温度差発電技術を用いて、ユーザーの消費カロリー、活動量、睡眠を測定することができます。今回新たに発売するPowerWatch Xは従来のPowerWatchの機能に、バイブレーションによる電話着信・SMS受信通知機能を追加し、防水性能も200Mに強化、前回のモデルより更にパワーアップしています。
 PowerWatch Xはアウトドアや冒険好きなユーザーの嗜好を考えてデザイン・設計されています。時計のボディには航空機グレードのアルミを使用し軽量化した一方で、大きさや形にこだわった、重厚感のあるデザインに仕上げました。従来のPowerWatchよりも一回り大きいPowerWatch Xは、発電効率が高く、電話着信やSMS等の通知機能と200M防水を可能にしました。

【MATRIX PowerWatch Xの主な特徴】
■<NEW>バイブレーションによる電話着信、SMS等の通知機能
電話の着信、テキストメッセージ受信、普段使うアプリのお知らせなどをバイブレーションで通知します。
10分に1回程度の通知であれば、充電することなく使用できます。

■<NEW>200M防水
200M防水のため、24時間身に着けて生活できるだけでなく、アウトドアレジャーでも使用可能です。

■<NEW>サーマルワイヤレスチャージャー
充電がなくなった際に、上に乗せるだけで充電ができます。

■充電不要
高度な熱電ジェネレーターが体温を電気に変換し、ウェアラブル機器をユーザーの体温のみで駆動することが可能です。
液晶画面では、体温から充電される電力を確認することができます。

■消費カロリーの計測
消費するカロリーは熱に変換されます。革新的な技術により、熱から正確に消費カロリーを計測します。

■歩数計
1日の歩数を自動で記録します。

■睡眠量計
睡眠の質を計測します。計測中も体温を使い発電しているので、翌朝、充電をする必要はありません。

[画像3: リンク ]


【商品概要】
商品名:MATRIX PowerWatch X
価格:42,800円(税抜)
重量:60~70g
防水性能:200M
文字盤径:30mm
発売日:2018年7月5日
発売店舗:
ヨドバシカメラ、ビックカメラ、TSUKUMO(ツクモ)、SUPER SPORTS XEBIO、Monoco、+Style、ソフトバンクセレクション、moovoo、株式会社グレンチェック

参考サイト
MATRIX Industries :リンク
PowerWatch :リンク

【MATRIX INDUSTRIESについて】

[画像4: リンク ]

 MATRIX INDUSTRIESは、CEO AkramBoukaiとCTO Douglas Thamにより、シリコンバレーの材質科学会社として2011年に設立されました。チームは、カリフォルニア工科大学、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校卒の博士らや最先端技術の普及活動に25年以上精通するベテランなど、熱電材料科学、熱工学、消費者向け商品の開発及び生産の専門家らによって構成されています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]