logo

会員数100万人を超えるオンライン麻雀にAmazon Fire TVに対応したアプリ版が登場

「オンライン麻雀 Maru-Jan」を運営する株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文/所在地:東京都大田区)は、7月1日(日)から、Amazon Fire TVに対応した「Maru-Jan app for Amazon Fire TV」のサービスを開始したことを発表しました。



株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文/所在地:東京都大田区)が運営する「オンライン麻雀 Maru-Jan」(以下、Maru-Jan)は、7月1日(日)から、Amazon Fire TVに対応したアプリ、「Maru-Jan app for Amazon Fire TV」の提供を開始しました。
[画像1: リンク ]

本作はAmazon Fire TVに対応したオンライン対戦型のゲームアプリで、テレビの画面を通して全国のプレイヤーと対局できます。テレビの大画面でゆったりと遊べるだけではなく、Amazon Fire TVのリモコンでゲームの操作ができるように機能を改良したことで、初めての方でも簡単にお楽しみいただけます。

[画像2: リンク ]

これまで展開してきた、Windows PC版、Microsoft Store版、Android版、iOS版、auスマートパス版で使用しているアカウントをそのまま使用できるため、自宅ではAmazon Fire TVのアプリを利用、外ではiOS版、Android版で遊ぶなど、様々な利用シーンに合わせた遊び方が可能となります。


■ Amazon Fire TV 対応アプリ、「Maru-Jan app for Amazon Fire TV」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●動作環境

対象端末 : Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick

■ オンライン麻雀「Maru-Jan」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【概要】 サービス開始から14年を迎えた会員数100万人以上のネット対戦型オンライン麻雀ゲームです。
和の高級感を追求した、1ゲーム毎に課金の完全有料サービスです。
Windows、iOS、Androidの各OSに対応しており、プレイ、イベント参加が可能です。
【特色】 「丸雀プロリーグ」をはじめ、曜日別・週間・月間・長期など多彩なイベントに参加できます。
四人麻雀・三人麻雀・東風戦・東南戦など、ルールに応じた詳細な個人成績を確認できます。
●Maru-Jan公式ホームページ:リンク

■ 株式会社シグナルトークについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オンライン麻雀 Maru-Janの運営、全国麻雀選手権の主催のほか、パソコンで手軽に脳の認知機能を測定できるサービス「脳測」やオンライン将棋「遊び処 ふくろふ」などを展開しています。

【概要】 社名 :株式会社シグナルトーク
公式ホームページ :リンク
所在地 :東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル 8F
代表取締役 :栢 孝文(かや たかふみ)
事業内容 :オンラインゲームの開発、運営、販売等

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]