logo

FluiDynaの買収により、Altairの数値流体力学テクノロジーの開発を加速

ミシガン州トロイ – 2018年5月10日 – Altair(Nasdaq:ALTR)はこの度、2015年より出資を行ってきたNVIDIA社のCUDAとGPUを活用した数値流体力学(CFD)および数値シミュレーションテクノロジーの大手開発企業FluiDyna社(本社: ドイツ)を買収いたしました。FluiDyna社のシミュレーションソフトウェアultraFluidXとnanoFluidXは、これまでAltairパートナーアライアンスおよび標準ライセンスを通じて提供してきました。

ultraFluidXは、大規模な内部・外部流体力学の問題を解ける汎用性の高い製品です。車両、建物、環境の空気力学を、超高速に予測および評価できます。格子ボルツマン法に基づいているため、ユーザーは傑出したパフォーマンスを獲得できるだけでなく、大規模かつ複雑なモデルの準備時間を劇的に短縮できます。さらにソルバー内に組み込まれた自動ボリュームメッシングと高速な過渡解析機能が計算時間の短縮を実現することで、Simulation-driven Designの新たな可能性が開けるとともに、大幅なコストの削減が可能です。

nanoFluidXは、複雑な運動を伴う複雑なジオメトリ内の流れを予測するための、粒子法ベースの流体力学シミュレーションツールです。たとえばシャフトやギアが回転しているパワートレインシステム内のオイル掻き揚げ挙動を予測し、パワートレインシステムの個々のコンポーネントに生じる力やトルクを解析できます。

Altairの創業者であり、会長兼CEOを務めるJames R. Scapaは、「FluiDynaを傘下に収めることができ非常に嬉しく思います。とりわけ、NVIDIAテクノロジーを活用したCFDソリューションに期待しています。GPUソリューションの計算能力の向上とコスト低下によってシミュレーションの回数を大幅に増やせるようになれば、設計プロセスのより一層の改革を推し進めることができます」と述べています。

NVIDIA社のEnterprise Business担当Senior Vice Presidentを務めるShanker Trivedi氏は、「NVIDIAパートナーネットワークプログラムのエリートソリューションプロバイダーであるFluiDyna社とは、10年以上にわたって密接に協力してきました。また、パフォーマンス強化と設計プロセス全体の効率向上を目指して、NVIDIAテクノロジーを活用した先駆的なシミュレーションツールを共同で開発しました」と述べています。

買収後も、FluiDyna社製品の機能拡張と開発を継続するだけでなく、両社の技術チームで協力してAltairのCFDソリューションの拡充を加速していきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]