logo

江戸川大学の隈本邦彦教授がトルコでの地震研究成果をまとめた防災教育映像作品を制作 -- トルコの防災教育のレベルアップを図る

江戸川大学 2018年04月18日 20時05分
From Digital PR Platform




江戸川大学(千葉県流山市)メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科の隈本邦彦教授(専門分野:防災分野・医療分野の科学コミュニケーション)は、トルコ・マルマラ地域での地震研究をまとめた防災教育映像作品を制作した。これは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と独立行政法人国際協力機構(JICA) が共同で実施する地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム( SATREPS )「マルマラ海域の地震・津波災害軽減とトルコの防災教育」の一環として行われたもので、動画サイト「YouTube」で視聴できる。




 この研究は平成 30 年 3 月までの 5 年計画で実施したもので、トルコにおける防災情報の社会への発信や防災教育のレベルの向上を目的としたもの。金田義行氏(海洋研究開発機構上席技術研究員)を研究者代表とし、現地のボアジチ大学・イスタンブール工科大学の研究者とともに、マルマラ地域の地震観測や被害シミュレーションなどの調査研究を行った。

 隈本教授はこの研究の中で、Group4「研究結果に基づく視聴覚教材の開発」を担当。得られた最新地震研究の成果をわかりやすい映像などによって可視化することで、トルコの防災教育のレベルアップを実現しようと、5 年間の研究成果をまとめた映像作品(日本語、英語、トルコ語の 3 種類)を制作した。
 また、Group4 のグループリーダーとして、トルコ国内初の津波教育映像作品、こども向け地震津波対策映像作品を制作したほか、トルコのマスメディアと研究者による「メディア・サイエンス・カフェ」を実施した。

■『マルマラ海域の地震・津波災害軽減とトルコの防災教育』研究報告:
リンク

■研究成果をまとめた映像作品(日本語):
リンク

■研究成果をまとめた映像作品(英語):
リンク

■研究成果をまとめた映像作品(トルコ語):
リンク

■トルコ国内初の津波教育映像作品:
リンク

■こども向け地震津波対策映像作品:
リンク

<参考リンク>
■隈本邦彦教授:
リンク

■メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科:
リンク


▼本件に関する問い合わせ先
江戸川大学事務局広報課
上利浩史
住所:千葉県流山市駒木 474
TEL:04-7152-9986
FAX:04-7153-4596
メール:kouhou@edogawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]