logo

インバウンド向け日本料理文化のシェアリングサービス 【airKitchen】4月よりサービスを開始

ZAZA株式会社 2018年04月12日 15時30分
From PR TIMES

現役名古屋大学生が起業、増加する外国人旅行者に食を通して本物の日本文化を伝える

名古屋大学の永津豪(大学院)が2017年7月に立ち上げたZAZA株式会社(本社:愛知県みよし市、代表取締役:永津豪)は、今年4月に訪日外国人が日本の一般家庭を訪れ、地元の料理ホストと一緒に家庭料理を一緒に作って食べられるシェアリングWEBサービス「airKitchen」の正式リリースを行いました。(URL:リンク



【airKitchenとは】
airKitchenは日本の家庭の食卓で交流したい訪日旅行客と、家庭料理を訪日旅行客に振る舞いたい日本人ホストをオンラインで結ぶマッチングプラットフォームサービスです。訪日外国人旅行者はairKitchenを使うことで、旅行中に現地の日本家庭を訪問し、日本人料理ホストと日本の家庭料理を一緒に作ることができます。観光地を巡るだけの普段の旅行と比べ、より深く、よりリアルな日本文化を体験することができます。また、日本人ホストは家庭に居ながら手軽に様々な国からの旅行者と国際交流を行うことができます。
[動画: リンク ]



2017年8月に日本でホスト向け登録を開始し、現在は東京を中心に250人以上の日本人料理ホストがいます。今年2月に旅行者向けにサービスをプレリリースし、2か月で約20か国の外国人旅行者が日本の家庭で料理体験を行いました。サービス利用者の満足度は高く、香港から日本に来ていたキャロラインさんは東京で料理体験を行い、「日本の家庭で料理を通して日本人ホストの方と交流でき、今回の旅行で一番の思い出だった。母国に帰って学んだ料理を作りたい」とのコメントをいただきました。

[画像: リンク ]



【今後の展開】
2018年度中に料理ホスト登録者数1,000人、旅行者とのマッチング数、3,500マッチングを目指します。2020年度までには日本だけでなくアジアを中心としたグローバル進出を予定しています。

【ZAZA株式会社について(URL : リンク)】
・住所 愛知県みよし市三好ヶ丘旭三丁目一番地17
・設立 2017年7月4月
・代表者 代表取締役社長 永津 豪
・事業内容 インバウンド向けWebサービス事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。