logo

ODYSSEY(OCN)、Obikeと統合完了、ブロックチェーンを活用してシェアリング経済の決済を刷新

ODYSSEY 2018年04月05日 10時00分
From JCN Newswire


SINGAPORE, Apr 5, 2018 - ( Media OutReach ) - シンガポールで設立されたブロックチェーン企業Odysseyは、同社の提供するデジタル資産によるモバイル決済ソリューション「Odyssey Wallet」を、ドックレスの自転車シェアリングプロバイダー「oBike」へ統合を完了しました。Odysseyの仮想通貨OCNは未来の分散型シェアリング経済に統合される初のデジタル資産となります。

Odyssey Protocol Foundationでプロジェクトリーダーを務めるSophie Guanは、次のように述べています。「Odyssey WalletのoBikeシステムへの統合が完了したことを発表でき、大変喜ばしく思います。Odysseyは、決済ソリューションの簡素化と画期的なシェアリング経済システムの構築を目指しており、本プログラムを起点として、これらを実現できることに心を躍らせています。本プロジェクトミッションの第一歩となるのが、クレジット・信頼に基づく普遍的なプロトコルとブロックチェーン技術ソリューションを構築し、市場の効率を高めることであり、これにより、シェアリング経済市場を次の段階へ進めます。」

Odysseyとの契約の下、oBikeはOCNの試験運用を実施します。Odyssey Protocolのデジタル資産であるOCNは、初となるソーシャルクレジットと報酬に基づくプロトコルを特長としています。

本統合により、OCN は1,000万を超えるoBike利用者に利用可能となり、oBikeが事業展開する世界17ヶ国で自転車運転者の国際決済効率を向上します。

oBikeの共同創業者兼CMOであるEdward Chenは次のように述べています。「テクノロジー主導の持続可能な交通事業者として、oBikeは引き続き、決済ソリューションを含めた自転車シェアリングサービスやユーザーエクスペリエンスの改善に努めていきます。この理念に基づき、oBikeは主要な分散型シェアリング経済のブロックチェーン企業であるOdyssey(OCN)と協業し、モバイル決済統合プログラムを発表します。」

Odyssey Protocol Foundationで北米コミュニティマネジメント ディレクターを務めるJames Lawrenceは、次のように述べています。「Odysseyの使命は、分散型シェアリング経済におけるコスト削減とさらなる信頼関係の構築です。これを実現できるのは、デジタル資産の利点を理解し、決済のコスト削減や所要時間の短縮を図るため、OCNの活用に真剣に取り組む、oBikeをはじめとする世界トップクラスのチームとのパートナーシップです。」

「本プログラムでoBikeと協業することを楽しみにしています。私たちは、これからもブロックチェーン技術の透明性と説明責任によって、世界そしてビジネスのあり方が積極的に形成されていくと確信しています。」と、Lawrenceは付け加えます。

今後も、Odyssey Protocolは他社との提携によるさらなる統合の機会を模索していきます。

会社概要

Odyssey(OCN)は、シンガポールで登録されたOdyssey Protocol Foundationに主導されています。

ODYSSEYの使命は、次世代分散化シェアリング経済とピアツーピアエコシステムを構築することです。ODYSSEYは、グローバルなシェアリング経済とピアツーピアのエコシステムにおいて、全体的な運用コストを削減し、市場の効率を高め、製品とサービスプロバイダーの投資対効果(ROI)を向上させることを目指しています。

詳細をウェブサイトで参照する: リンク
ホワイトペーパーを読む - リンク
Telegramで私たちとチャットする: リンク
ツイッターでつながる - リンク
チームに会う - リンク
Githubを見る - リンク

報道関係者からのお問い合わせ先:
James Lawrence、北米コミュニティマネジメント ディレクター
lawrence@ocoins.cc

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。