logo

「キリン・ザ・ストロング」シリーズ新発売

キリン株式会社 2018年02月28日 14時00分
From Digital PR Platform


リンク
キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、アルコール度数9%で、ハードな刺激と飲みごたえを実現したRTD新商品「キリン・ザ・ストロング ハードドライ/ハードレモン/ハードコーラ」(350ml缶、500ml缶)を4月10日(火)より全国で新発売します。
※1 ハードな炭酸感・味わい・アルコール感の3要素を兼ね備えた中味製法であること。
※2 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

2017年のRTD市場は2010年比で約1.5倍の規模となり、中でも高アルコール系RTD※3(以下、ストロングRTD)市場は約2.5倍に拡大、全体の5割強を占めるまでに成長※4しました。特に40~50代の男性から高い支持を獲得※5しています。
※3アルコール度数7~9%のRTD、※4出典:インテージSRI拡大推計 全国 推計販売規模(容量)
※5 出典:インテージSCI 高アルコール系RTD購入者 性年代別人数構成比・容量構成比

当社の調査において、お客様はストロングRTDに対し、“さらに強い刺激、うまさ、飲みごたえ”がある味わいや、“価格以上に満足できる”品質を期待していることが分かりました。
同商品は、当社独自の「トリプルハード製法」により、40~50代の男性を中心としたお客様がストロングRTDに期待している「ハードな刺激と飲みごたえ」を実現しました。さらに「ストロングRTD市場のど真ん中」を狙う意気込みをストレートに表現した商品名と、当社RTDで初めてキリンビール社を象徴する“聖獣”を採用した堂々としたデザインで「おいしさ」と「品質感」を訴求します。同商品を新発売することで、伸長するRTD市場のさらなる拡大を図ります。

●中味について
当社RTDで最も強い※6「ハードな炭酸感」、グッとくる「うまみ」をもたらす、新開発“ハードエキス”(特許出願中)を使用した「ハードな味わい」、クリアウオッカを使用しアルコール分9%に仕上げた「ハードなアルコール感」という、「トリプルハード製法」で実現した、ハードな刺激と飲みごたえが特長です。
●パッケージについて
当社RTDで初めて“聖獣”を取り入れた、力強く、堂々としたデザインです。ブランドカラーである黒色をベースに、“聖獣”と商品名、フレーバー名を目立つように配置し、おいしさや品質感を強調しました。
※6 ハードドライとハードコーラは、当社RTD商品で最も強い炭酸ガス圧。ハードレモンは、当社果汁系RTD内で最も強い「キリン 氷結®ストロング シチリア産レモン」などと同等の炭酸ガス圧。


1.商品名: 「キリン・ザ・ストロング ハードドライ」 「キリン・ザ・ストロング ハードレモン」「キリン・ザ・ストロング ハードコーラ」
2.発売日・発売地域:2018年4月10日(火)・全国
3.容量/容器:350ml缶、500ml缶
4.価格:オープン価格
5.アルコール分:9%
6.販売予定数:約600万ケース(36,000KL、250ml×24本換算)
7.製造工場(予定):キリンビール取手工場、岡山工場、キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]