logo

大人気漫画「キングダム」作者の原泰久さんも故郷・佐賀の博覧会を応援!「肥前さがFAN」参画を記念して佐賀藩第十代藩主の描き下ろしイラストを公開!

佐賀県 2018年02月20日 13時01分
From PR TIMES

2月20日(火)から特設サイトにて原泰久さんによる描き下ろしイラストとコメントを公開!

 3月17日(土)から開幕する幕末維新期の佐賀の偉人や偉業を未来に伝えていく「肥前さが幕末維新博覧会」の魅力を、さまざまな切り口で多くの方に伝えていくメンバー組織「肥前さがFAN」に、大人気漫画「キングダム」の作者で、佐賀県出身の原泰久(はら やすひさ)さんが参画されました。




「肥前さがFAN」特設サイト:リンク
「肥前さが幕末維新博覧会」公式サイト:リンク


佐賀藩第十代藩主 鍋島直正(なおまさ)公

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


この参画を記念して原泰久さんに描き下ろしていただいた「佐賀藩第十代藩主 鍋島直正公」のイラストを特設サイトにて公開するほか、原画を博覧会期間中、メインパビリオン「幕末維新記念館」に展示します。

なお、2月19日(月)から2週間、福岡県福岡市内バス停広告「シティスケープ」にも、この原画を用いたデザインで博覧会をPRしてまいります。

また今回の「肥前さがFAN」参画に際して、原泰久さんからコメントも到着しました。


<原泰久さんコメント>

出身佐賀県の大イベントにこういう形で 参画できることを心から嬉しく思っております。

藩主鍋島直正は、幕末の動乱期に、国内最強の軍事力を作り持ちながら、冷静沈着に時勢を見定めた賢人です。

それととともに、幕府側、討幕側からの圧力にも屈しなかった豪胆な人でもあり、残っている写真のお顔からもその”強さ”が伺えます。

絵では、静かな眼力と表情、佇まいの部分にこだわり、鍋島直正はこういう人ではなかったろうかと、思いをはせて描かせて頂きました。

原 泰久



作者・原泰久さん プロフィール


1975年6月9日生まれ、佐賀県出身。週刊ヤングジャンプ2006年より「キングダム」の連載開始。同作はアニメ化やゲーム化も果たしており、2013年には第17回手塚治虫文化賞の大賞に輝いた。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]