logo

マルチ環境計測器 testo 440 新発売

株式会社テストー 2018年02月19日 09時01分
From PR TIMES

新コンセプトの環境計測器 登場

テストーの 「testo 440」は、有線・無線に対応した新コンセプトのマルチ環境計測器です。1台で風速、風量、温度、湿度などが計測でき、コードレスにも対応しています。環境計測作業者の業務フローに基づいた操作メニューを内蔵しており、換気空調システムの定期点検や、ダクトの風量計測、オフィスや生産現場の室内環境管理などに最適の1台です。



2018年2月
株式会社テストー
プレスリリース

新コンセプトの環境計測器 登場
有線・無線対応の環境計測器 「testo 440」 新発売

株式会社テストー(横浜市港北区 代表取締役 宮川 正)は、2018年2 月1日、有線・無線に対応した新コンセプトのマルチ環境計測器 「testo 440」 を新発売します。
testo 440は、1台で風速、風量、温度、湿度などが計測できるコンパクトな環境計測器です。このたび、新たにBluetoothモジュールを搭載し、本体とプローブを無線で接続、コードレスでの計測を実現しました。従来の機種で採用していた固定ケーブルタイプのプローブ以外に、独立したハンドルとプローブヘッドにより、無線・有線、センサの組み合わせを自在に変えることができるようになりました。
さらに、これまで上位機種に採用されていたデジタルプローブをtesto 440にも採用したことで、本体精度の影響を受けない高精度の計測結果が得られるようになりました。デジタルプローブには校正データが内蔵されているので、プローブまたはプローブヘッド単体での校正ができます。
testo 440 は本体メモリに最大7,500データの保存ができます。.csv形式で保存されるので、専用ソフトウェアを使用することなく、PC上でデータを表形式で確認することができます。
[画像: リンク ]

testo 440 は、ダクト風量の演算や、ポイントまたは時間平均機能、熱線式風速センサ接続時の気圧補正など、環境計測作業者の業務フローに基づいた操作メニューを内蔵しており、クリアなディスプレイにわかりやすく表示します。換気空調システムの定期点検や、ダクトの風量計測、オフィスや生産現場の室内環境管理などの業務効率アップに貢献します。

主な特長

無線(Bluetooth)によるコードレスでの計測が可能
校正データを内蔵したデジタルプローブを採用
本体に.csv形式で保存されるので、Microsoft Excel(R) 上で開くことが可能
スマートプローブシリーズを無線プローブとして使用することも可能
環境計測業務用の操作メニューを内蔵


本体価格と代表的なセット価格は以下のとおりです。※汎用性の高い11セットを準備しています。


[表: リンク ]



詳しくは、以下リンク先をご覧ください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]