logo

京都コンピュータ学院,京都発の掌サイズ2足歩行ロボットQumcumによる小学生向けロボットプログラミング教室開催

株式会社CRETARIA 2018年02月16日 10時01分
From PR TIMES

京都で生まれ育ったロボットが、京都のコンピュータ専門学校からスタートします。

2月24日(土)京都コンピュータ学院(理事長:長谷川昌)にて開催される小学生向けロボットプログラミング教室にて、株式会社CRETARIA(クレタリア 代表取締役:小野瑞穂 本社:京都市下京区)が開発販売をする教材【Qumcum(クムクム)】が採用されます。
本講座へは、京都市教育委員会協力のもと「みやこ少年ものづくり倶楽部」に登録する会員生徒から30名を対象として開催されます。



[画像: リンク ]

4/1販売開始


サーボモータ7個、音声合成、超音波距離センサー、マイク、フルカラーLEDを、MIT開発のスクラッチから独自のソフトウエアを通してワイヤレスでリアルタイムにコントロールします。
充電式電池で動く本体(420g)はクリックの瞬間に思い通りに動き回り、子供たちの興奮は止まりません。
本教材は、京都大学喜多一教授との共同研究で開発されました。

多くのブロック組み立て式ロボット教材があるなかQumcum(クムクム)は完成型で提供します。それは、論理的思考を養うプログラミング時間を多く取りたいという思いからです。
自分のプログラムによってどんどん成長していくQumcum(クムクム)は、マイキャラを育てるイメージで、自然にプログラミング的思考を身に着けることができます。
当社は、本講座をスタートに、プログラミング教材Qumcum(クムクム)を4/1より正式にリリースいたします。
リンク

◆講座内容
開催日時:2018年2月24日(土)14:30~16:00(受付14:00~)
会場:京都コンピュータ学院京都駅前校新館
京都市南区九条寺ノ前町10-5
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]