logo

『猫の国勢調査2018』日本猫の人気は衰えない!

当社が運営する猫の情報サイト“アイリスペットどっとコム 猫といっしょ”では、2月22日(木)の「猫(ねこ)の日」に合わせ、サイト会員を対象に飼い猫に関するアンケート調査を毎年実施し、集計結果をまとめた「猫の国勢調査2018」を発表します。





【愛猫のデータについて】
■猫の種類 ベスト10
第1位 
MIX・雑種・混血種 (1179匹)
第2位 
日本猫(三毛・茶トラ) (337匹)
第3位 
スコティッシュ・フォールド(97匹)
第4位 
アメリカンショートヘアー (94匹)
第5位 
マンチカン (41匹)
第6位 
ロシアンブルー (37匹)
第7位 
ペルシャ (33匹)
第8位 
メインクーン (26匹)
第9位 
ノルウェージアン・フォレスト・キャット (24匹)
第10位 
ラグドール (15匹)

[画像1: リンク ]

飼い猫の基本情報について1,996頭分のデータをまとめました。

種類については、MIXが半数以上を占めています。また、昨年に引き続き、「日本猫(三毛・茶トラ)」も人気があります。

<Pick up>
日本猫(三毛・茶トラ)
黒・白・茶の三色を持ち日本に多く生息する。招き猫のモデル猫。

Noshiika Sangatsuさんちの初子
[画像2: リンク ]

「アメリカンショートヘアー」や「スコティッシュ・フォールド」も毎年上位にランクインしていますが、TOP2との差は大きいようです。
根強い人気の猫種が、今後も上位を獲得していけるのか、注目していきたいと思います!

■猫柄ベスト10
第1位 キジトラ (250匹)
第2位 黒白 (244匹)
第3位 茶トラ (200匹)
第4位 黒 (165匹)
第5位 白 (128匹)
第6位 茶トラ白 (127匹)
第7位 三毛 (120匹)
第8位 キジトラ白 (91匹)
第9位 サバトラ (88匹)
第10位 灰 (79匹)

【フードについて】

[画像3: リンク ]

与えているフードで圧倒的に多かったのが「ドライフード+トッピング」でした。

理由で多かったのが「愛猫が好んで食べるから」でした。
大切な愛猫が好むものを1番にあげたい、という飼い主さんの愛情の深さが伝わりますが、与え過ぎには注意してくださいね。

また、「近所で買えるから」という理由は昨年よりも多く、身近なところで手軽に買える利便性が評価されたようです。


【アンケート概要】
実施期間:2017年12月25日~1月21日
回答者数:1,169人
対象:アイリスペットどっとコム会員

参考:2017年調査
実施期間:2016年12月22日~1月22日
回答者数:981人

他にも猫の国勢調査2018では、愛猫の迎えた場所・理由、性格についてや愛猫の困りごとなどのアンケート結果を掲載しています。

詳細な結果は「アイリスペットどっとコム 猫といっしょ 猫の国勢調査2018」からご覧いただけます。

猫の国勢調査2018結果発表
リンク

※関連記事
猫の名前ランキング2018結果発表
リンク

※「アイリスペットどっとコム 猫といっしょ」は、猫の病気やしつけ方など猫を飼育するのに役立つ情報サイト。無料会員向けのQ&Aや画像の投稿などのコンテンツも満載。

アイリスペットどっとコム 猫といっしょ
リンク
アイリスオーヤマ株式会社
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]