logo

コンテンツは今【観る】から【体験する】時代へ!次世代のプログラマーの育成を。VR・AR専攻を開設。

株式会社 アミューズメントメディア総合学院 2018年02月09日 15時08分
From PR TIMES

アミューズメントメディア総合学院、新たな専攻として『VR・AR専攻』を開設。



[画像1: リンク ]

アミューズメントメディア総合学院(以下AMG)は、平成31年(2019年)4月より、ゲームプログラマー
学科に新たな専攻として『VR・AR専攻』を開設します。
今や世界のトレンドになりつつあるVR・AR産業。昨今、その技術に対応できるプログラマーは未だ少数
です。AMGではその次世代の技術に対応できるプログラマーの育成を目的とし、実績に裏付けされた質
の高い教育を提供していきます。

産学共同・現場実践教育
本学は、ゲーム業界、イラスト業界、アニメ業界、出版業界、声優業界など、計8学科を有する日本屈指のエン
タメ総合学院となりました。学院の精神である「産学共同・現場実践教育」を実現し、映画、TVドラマ、音楽、
ゲームなどのコンテンツ制作や、本格レコーディングスタジオや声優プロダクションなどの環境設備をAMG
グループとして携えることで、在校生・卒業生へのチャンスの提供やフォロー体制を整え、教育改革に着手し成
果をあげてきました。

Steamで発売中!
VRゲームやスマートフォンアプリなどを開発から商用リリースまで手がけるAMG GAMESを教育現場に置く事
により、常に最新の技術・環境を教育として活用して行きます。
多くの卒業生が関わり、AMG GAMESよりリリースされたVR対応 エアーリズムアクション“Airtone”や
UNREAL チャレンジで在校生が開発に携わった、VRゲームなどSteamで好評発売中です。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

【アンリアルチャレンジとは?】
アンリアルチャレンジとは産学共同のゲーム開発プロジェクトです。
アドバイザーにはUnreal Engineのスペシャリスト(株)ヒストリア代表、佐々木氏を迎え、2016年にはEPIC GAMESより教育機関向けUnreal Dev Grantsを日本で初めて受賞しました。

専攻の概要・特徴
■VR・AR専攻
ゲームプログラミングの基礎を軸にVR・ AR技術を学び、ゲームを中心とした様々なコンテ
ンツが開発できる、VR・ ARエンジニアのエキスパートを目指します。
●VR・AR専攻、主なカリキュラムの紹介※一部抜粋
・VRハードウェア概論
なぜ立体的に見えるのか。位置トラッキングの仕組みなど、VRのハードウェアについて学習します。
・VRユーザーインターフェース
VR空間内での移動方法や視野の設定、VR酔い対策など、VRにおけるUI/UXについて学習します。
・VRゲームデザイン論
主観的な体感となるVRゲームにとって重要な没入感やプレゼンス(存在感)の高め方などVRならではの
ゲームデザインを学習します。
・VR最適化論
VRコンテンツでは90fps(画面を1秒間に90回更新)を超える処理速度が求められる。これに対応する効
率化や最適化の手法を学習します。
・AR技術概論
現実世界の情報にCGを重ね合わせる仕組みとして、画像認識や空間認識、GPS位置情報、ARマーカー
などを利用するAR技術について学習します。
[画像7: リンク ]


学科名称:ゲームプログラマー学科 (2年制)
専 攻:『VR・AR専攻』
『ゲームプログラミング専攻』
※2年制で選べる2専攻
設立時期:平成31年(2019年)4月
募集開始:平成30年(2018年)4月~
講義場所:アミューズメントメディア総合学院
(東京都渋谷区東2-29-8)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]