logo

東洋大学INIADとUR都市機構が技術協力の覚書を締結 -- 団地におけるIoT及びAIの活用に向けて

東洋大学 2018年02月05日 14時05分
From Digital PR Platform




東洋大学情報連携学学術実業連携機構(機構長・坂村 健、以下「INIAD cHUB」)とUR都市機構(独立行政法人 都市再生機構、理事長・中島正弘、以下「UR」)は、UR賃貸住宅(以下「UR賃貸」)における屋内外の住環境の向上のためのIoT及びAIの活用に向けた検討を進めるべく、技術協力の覚書を2018(平成30)年1月30日に締結しました。今後は、坂村健を会長とする研究会を設置し、UR賃貸におけるIoT及びAIの活用に向けたコンセプトづくりを進めてまいります。




1.覚書の内容
 INIAD cHUBとURは、URの保有する住環境へのIoT及びAI等の活用について提言を行うことを目的とした研究会を設置し、提言に向けた技術協力を実施することとしています。また、覚書の有効期限は3年間としています。



2.今後のスケジュール
 研究会においては、検討を進めるにあたってのコンセプト策定を行った後、個別のメニューについて採用に向けた技術検証等の実施 、トータルメニューの実施に向けた検討を進める予定です。なお、具体的な取組内容や対象団地等については未定であり、今後研究会にて検討することしています 。


【INIAD cHUB (イニアドシーハブ)について】
「東洋大学情報連携学学術実業連携機構(通称:INIAD cHUB)」は、企業や行政等とのコンピュータ・サイエンス分野における連携を担う組織として2017年4月1日に設立しました。


▼本件に関する問い合わせ先
東洋大学 情報連携学部 広報担当 03-5924-2603
UR都市機構 本社 広報室 報道担当 045-650-0887


▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
東洋大学 総務部広報課
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
TEL: 03-3945-7571
FAX: 03-3945-7574
MAIL: mlkoho@toyo.jp
※本件についてご取材いただける場合は、恐れ入りますがご一報いただきますようお願い申しあげます。

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]