logo

デジタルサイネージが手軽で自在に構築できるHDMI対応Video over IP製品の発売開始

~直観的な操作方法で、映像の延長・分配・ビデオウォール表示が実現~

KVMスイッチ、映像関連周辺機器、PDU/エネルギー管理機器のリーディングプロバイダーであるATEN(エイテン)ジャパン株式会社(本社:東京都荒川区、以下ATEN)は、ネットワークを経由して映像信号を延長し、拡張性に優れ、デジタルサイネージを自在に構築できるVideo over IPエクステンダー「VE8900T/VE8900R」および「VE8950T/VE8950R」を2018年1月19日に発売します。両型番ともHDMI対応で、最大解像度は「VE8900T/VE8900R」が1080p、「VE8950T/VE8950R」が4Kに対応しています。本製品は、延長距離の制限がないのはもちろん、複雑なIP等の設定を行う必要は無く、直観的に操作できる製品本体のボタンやGUIを使用した設定が可能。さらにレシーバーがデイジーチェーン接続できるので、拡張性にも優れています。本製品は、ショッピングセンター、駅や空港等の交通機関、カンファレンスセンター、展示会会場、空港、教育機関等にデジタルサイネージを手軽に導入するのに役立ちます。

製品の主な特長とメリット

1. 魅力あるサイネージが構築できる柔軟性と優れた拡張性
本製品は、トランスミッター(VE8900T/VE8950T)とレシーバー(VE8900R/VE8950R)から構成され、LANでのアクセスが可能な環境であれば、延長距離の制限はありません。トランスミッターとレシーバーを任意に組み合わせて、映像の延長・分配・ビデオウォール表示ができます。さらにスケーラーを搭載しているので、4Kと1080p解像度のディスプレイを混在させることも可能です。したがって、適切な場所に、必要な台数のディスプレイを設置して、訴求力の高い魅力的なサイネージが構築できます。


2. 専門知識は不要。シンプルな操作方法
製品には、ID表示パネルがあり、一目でどのソースデバイスまたはディスプレイに接続しているのかが判別できます。表示したいソースデバイスとディスプレイは、本体のボタンをワンタッチするだけで選択可能。また、Webブラウザから直観的でわかりやすいGUIを使用して、製品の設定や管理ができるため、サーバーやソフトウェアのインストールは不要です。さらにこの管理画面に表示されたソースデバイスやディスプレイをドラッグ&ドロップするだけで、ビデオウォールのレイアウトが可能。ユーザーフレンドリーな操作方法を採用しています。


3. デイジーチェーン接続対応で、コスト削減
ネットワークスイッチの1つのポートから、最大30台のレシーバーをLANケーブルでデイジーチェーン接続可能。ポート数の多いネットワークスイッチやケーブルを多数用意する必要はありません。ディスプレイを数百メートル先まで複数個所に設置する場合でも、セットアップや配線が楽にできるため、コスト削減に貢献します。


標準売価および
製品型番 製品名 標準価格(税抜)
VE8900T Video over IPトランスミッター(HDMI対応) 65,000円
VE8900R Video over IPレシーバー(HDMI対応) 65,000円
VE8950T Video over IPトランスミッター(4K HDMI対応) 90,000円
VE8950R Video over IPレシーバー(4K HDMI対応) 90,000円

出荷開始日:2018年1月19日

このプレスリリースの付帯情報

VE8950T(上)VE8950R(下) 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]