logo

大谷大学が平成29年度文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に選定 -- 「仏教を基軸とする国際的研究拠点の形成と〈人間学〉の推進」

大谷大学 2018年01月19日 20時05分
From Digital PR Platform




大谷大学の事業が、文部科学省平成29年度「私立大学研究ブランディング事業(タイプB:世界展開型)」に選定された。事業名は、「仏教を基軸とする国際的研究拠点の形成と〈人間学〉の推進」で、事業期間は5年(平成29年度~平成33年度)である。




 「私立大学研究ブランディング事業」は、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく打ち出す取組を行う私立大学等に対し、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するものである。


 本事業では、大谷大学のこれまでの仏教研究の蓄積をもとにして、国際的な研究基盤を形成し、アメリカやヨーロッパやアジアとの間で共同研究を推進していく。
 また、仏教の根幹にある〈社会の現実と向き合い、真実を探求し、確固たる生きる拠り所を持って歩む〉という精神に根ざす人文学を、本学独自の〈人間学〉として社会に開いていく。
 こうした研究事業の成果発信を通じて、本学が〈人間学〉の大学であるというブランド・イメージの確立に取り組む。



 【事業名】仏教を基軸とする国際的研究拠点の形成と〈人間学〉の推進
 【選定タイプ】タイプB(世界展開型)
 【事業期間】5年間(平成29年度~平成33年度)

▼事業詳細
 リンク

▼文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」詳細
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
企画・入試部 企画課
住所:603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8115
FAX:075-411-8149
メール:kikakuka@sec.otani.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]