logo

新日鉄住金 塗装周期延長鋼「コルスペースⓇ」が西海岸道路浦添北道路「牧港高架橋」に沖縄地区として初採用

新日鐵住金株式会社 2018年01月18日 15時47分
From Digital PR Platform


リンク
新日鐵住金株式会社の開発した、塗装周期延長鋼「CORSPACEⓇ(以下、コルスペース)」が国内で最も塩害環境の厳しい沖縄の沖縄西海岸道路浦添北道路の「牧港高架橋」に採用されました。沖縄地区でコルスペースが採用になったのは、今回が初めてとなります。

コルスペースは、塗装の塗替周期延長を可能にすることで、ライフサイクルコスト(LCC)低減を実現する鋼材です。鋼材に微量の錫(Sn)を添加したもので、コルスペースの採用により、同じ塗装条件・使用環境下で塗膜欠陥部における鋼材腐食量や塗膜剥離面積が、従来鋼に比べ大幅に抑制されます。

今回架設が完了した「牧港高架橋」は、沖縄西海岸道路浦添北道路にかかる橋長476mの4径間連続混合箱桁で、海上を跨ぐ鋼コンクリート複合構造形式の高架橋です。この地区は格段に塩害環境が厳しく、従来鋼の場合、腐食や塗装の剥がれによる定期的なメンテナンスが必要となりますが、コルスペースを採用することによりメンテナンス期間の短縮が見込まれます。今回、橋梁のライフサイクルコスト低減の観点から、鋼桁部の全量(約350トン)にコルスペースが採用されました。「牧港高架橋」は、三井住友建設株式会社・株式会社日本ピーエス・株式会社横河ブリッジの3社による異工種建設工事共同企業体で工事が進められ、2017年10月に橋桁部分の架設が完了しました。

今後もコルスペースの普及拡大を進め、塩害が厳しい環境で使用される社会・産業インフラを支える鋼構造物の寿命延長や維持管理費削減、塗装頻度削減による環境負荷軽減に貢献して参ります。
リンク
写真:「牧港高架橋」 鋼橋部一括架設状況


お問い合わせ先:総務部広報センター TEL:03-6867-2977

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]