logo

タバスコ(R)ソースが世界の料理・飲料を味付けした150年を祝賀

McIlhenny Company(マキルヘニー社) 2018年01月10日 11時16分
From 共同通信PRワイヤー

タバスコ(R)ソースが世界の料理・飲料を味付けした150年を祝賀

AsiaNet 71730 (0025)

【エイブリーアイランド(米ルイジアナ州)2018年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】エドモンド・マキルヘニー氏は1868年、最初のタバスコペパー(唐辛子)を収穫し、家族と友人向け料理の風味を引き立たせるピリッと辛いソースを生み出した。このシンプルなソースの誕生は、意図することなく世界の食べ方を永久に一変させた。150年後の現在、彼のタバスコ(R)ソース(TABASCO(R)Sauce)が作られた同じ3つの原料-タバスコペパー、食塩、食酢-がエイブリーアイランドのエドモンド一族によって熟成され、瓶詰めされている。その工程は実質的に変わっていない。

インタラクティブのマルチチャンネル・ニュースリリースは以下で閲覧可能。
リンク

タバスコ(R)ソースはその丁寧な専門技と汎用性によって、1世紀半にわたりシェフや家庭の料理人、バーテンダー、グルメの友になってきた。タバスコ(R)ソースのメーカーであるMcIlhenny Company(マキルヘニー社)は創業150周年の歴史的な節目を記念、今年いっぱい祭典を開催して、「マキルヘニー氏が作った有名なソース」をテーブルの主要製品、台所になくてはならないもの、世界の古典的・現代的レシピの必需品にした人々にささげる。

タバスコ(R)ソースは、普遍性ばかりか汎用性でも比類のないグローバルブランドである。ひし形ラベル、赤いキャップのアイコニックなボトルは、22の言語・方言ラベルを貼られて185カ国・地域以上で販売されている。この直ちに見分けが付くペパーソースは、家庭の食料庫、台所のテーブル上、世界のグルメのハンドバッグと同様、大通りの食堂や目立たないバー、高級レストランにも備えられている。

McIlhenny Companyの社長兼最高経営責任者(CEO)でマキルヘニー家5代目のアンソニー・A・シモンズ氏は「私の家族とMcIlhenny Companyの職員一同は、この信じがたい記念祭をもたらしたタバスコ(R)ソースに対する愛に大いに恐縮している。高祖父は、裏庭の新事業が全く新しい料理部門に上り詰めるなんて夢にも思わなかっただろう。150年後、世界中のあらゆる場所でこれほど多くの人々に素晴らしい味の料理をもたらしたことを、彼が喜ぶことを確信している。今後150年、タバスコ(R)ソースがどこに行き、どのように使われるか、想像するのは楽しい」と語った。

150周年記念祭は100年以上全編公演が行われていない19世紀末の喜劇パロディー「TABASCO: A Burlesque Opera」の限定公演によって、ニューオーリンズで開幕する。New Orleans Opera Association(ニューオーリンズ・オペラ協会)が制作し、2018年1月25-28日に行われるショーのチケットは専用サイト(リンク )で入手可能。

祝祭は2018年1月28日まで続き、今年ニューオーリンズ市の300周年を祝うNew Orleans Tricentennial Commission(ニューオーリンズ300周年委員会)と提携した史上初のタバスコ(R)ウイーク(TABASCO(R)Week)には、ニューオーリンズの大半の著名シェフ、料理団体が参加する。この公式ホリデーにはタバスコ(R)ブランド(TABASCO(R)Brand)シェフパートナーシップ、限定メニュー、特別料理、その他が盛り込まれる。

ニューオーリンズから、世界の台所でタバスコ(R)ソースの役割をたたえるバースデーパーティーが出発する。McIlhenny Companyはニューヨーク、ロンドン、上海などのファンを大小のイベントに招待する。そこでは世界の一流シェフと創造的な料理人がペパーソースを使う刺戟的で思いも寄らない手法を味わうことができる。世界のイベント出席者は360度ビデオのマジックを通じて、先祖伝来のタバスコペパー畑が生い茂り、すりつぶされたペパーがオーク樽で熟成され、タバスコ(R)ソース工場が今なお世界一有名なボトルを1瓶ごと生産するエイブリーアイランドに運ばれる。

家庭で祝うことを望む人々のために、タバスコ(R)ブランドは世界各地のシェフ、バーテンダーの友人を招待し、このソースをアイコンにした古典的料理と飲料、さらに現在タバスコ(R)ソースを引き続き必需品にしている人気があって時々意外な料理にスポットライトを当てる。レシピは1年中TABASCO.comとタバスコ(R)ブランドのソーシャルチャンネルで公開され、このペパーソースが料理、米国人、世界文化の歴史に果たした語り継がれる豊かな役割のスナップショットもある。

タバスコ(R)ソース150周年記念祭の詳細はTABASCO.comを参照するか、ソーシャルメディアの会話フォローを(#TABASCO150)。

▽McIlhenny Company(マキルヘニー社)について
McIlhenny Company(マキルヘニー社)はタバスコ(R)ブランド製品を生産しており、それは22の言語・方言ラベルを貼られて185カ国・地域以上で販売されている。創業150年のMcIlhenny Companyのペパーソース・ラインアップは、世界で名高いTABASCO(R) Brand Original Red Sauce(リンク )以下次の通り。

*Green Jalapeño Sauce(リンク
*Chipotle Sauce(リンク
*SWEET & Spicy Sauce(リンク
*Habanero Sauce(リンク
*Garlic Pepper Sauce(リンク
*Buffalo Style Hot Sauce(リンク
*Sriracha Sauce(リンク

▽問い合わせ先
Jennifer Mestayer
Hunter Public Relations (New York),
TABASCOMedia@hunterpr.com
PH: +1 212-679-6600;

Alex Conway
Hunter Public Relations (London)
TABASCOMedia@hunterpr.com
PH: +44 207-033-7795

ソース:McIlhenny Company

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]