logo

コラム : 暗号化ランサムウェアがなくならない理由

フォーラムの管理者は、一般公開されているものとダークネットに隠れているものの両方のいくつかのハッカーフォーラムで、暗号化ランサムウェアスクリプトの販売を許可すべきかどうかについて広範にわたって議論してきた。Anomali社とFlashpoint社の専門家は、この種の議論は2016年に初めて出てきた、そして、すべて主要なランサムウェア流行後に発生していると主張している。

###

フォーラムの管理者は、一般公開されているものとダークネットに隠れているものの両方のいくつかのハッカーフォーラムで、暗号化ランサムウェアスクリプトの販売を許可すべきかどうかについて広範にわたって議論してきた。Anomali社とFlashpoint社の専門家は、この種の議論は2016年に初めて出てきた、そして、すべて主要なランサムウェア流行後に発生していると主張している。

Anomali社のセキュリティ戦略ディレクターであるTravis Farrell氏とFlashpoint社の研究責任者であるVitaly Cremez氏によると、最近、フォーラム管理者はサイトを彼らの制作物を販売するサイトを使ったマルウェアデベロッパーに対して膨大な数の否定的なコメントを投稿しているという。

リンク ※ロシア語

しかし、もしあなたがこの理由を、フォーラム所有者が被害者への同情に駆られ、そして、病院や産業施設が攻撃されることを嫌い、罪のない人々に影響を及ぼす可能性を忌避したいと考えているからだと思うなら、もう一度考えなおしてください。

彼らの不満の理由は一般的には4つあると考えられている。

暗号化ランサムウェアはあまりにも多くの人の注意を引いてしまうこと、他の種類のサイバー犯罪を妨げること、当局によってサイバー犯罪アンダーグラウンドが脅かされる可能性があること、ロシアに対して容易に解き放たれる可能性があることが挙げられる。

暗号化ランサムウェアによる攻撃は広範囲にわたって世間の注目を引き付けてしまうため、企業が新しいセキュリティ対策を導入したり、以前の脆弱なネットワークへのアクセスをブロックしたりするなどの対策を打ってしまうため、他の犯罪者によるスパイ活動が不可能になってしまう。

言い換えれば、暗号化ランサムウェアは、他の犯罪者のビジネスを妨げます。 この類の議論は、利己的な関心の影響をうけます。 ある犯罪グループにとっては、他の人の活動がビジネスに干渉してしまうことが気に入りません。

では、販売が禁止されているとしましょう。次に何が起こるでしょうか?

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]