logo

創価大学の安田ゼミが「第4回多摩の学生まちづくり・ものづくりコンペティション2017」で最優秀賞を受賞

創価大学 2017年12月20日 20時05分
From Digital PR Platform




ネットワーク多摩が主催する「第4回多摩の学生まちづくり・ものづくりコンペティション2017」が12月16日(土)、立川市の昭和記念公園花みどり文化センターで開催され、10大学24団体が出場した予選を勝ち抜いた6団体が本選で発表。同大経営学部・安田賢憲ゼミのチームACTの提案、「記憶をずっと、笑顔をもっと~MCIから始める認知症予防~」が最優秀賞に輝いた。




 本コンペティションは、学生が多摩地域全般でフィールドワークを通して得た活性化への道筋を企画立案し、提言として発表するもの。「多摩の元気!学生プロジェクト発信」のテーマに基づいて、多摩地域が抱える課題に対し、学生の視点や感性をいかして、新しいアイデアで地域全体を元気にすることを狙いに実施されている。

 最優秀賞を受賞した安田ゼミのチームACTは、高齢化に伴い、認知症患者が増加する社会課題に着目。その影響を少しでも減らすため、多くに人に認知症予防に取り組んでもらいたいと考え、認知症予防を促すチャットボット(スマートフォンやPCを通して会話ができる自動会話応答システム)の開発を目指した活動を発表した。審査委員からは、「裾野の広い非常に良いテーマ、学生自らの経験からの発案に心を打たれました。そういった優しいまなざしを大事にして、ぜひ継続性のある取り組みをしていってほしい」等と高く評価された。

 チームACTの齋藤彩音さん(経営学部・3年)は、「実践的に認知症予防の啓発、促進、また様々なビジネスコンテストに挑戦する中、メンバー全員が成長できたと思います。その結果として、今回最優秀賞を頂き、本当に嬉しく思っています。今後ともチーム一丸となり、認知症予防の啓発に挑戦してまいります」と述べた。



●多摩のまちづくり・ものづくりコンペティション2017
リンク


▼本件に関する問い合わせ先
創価大学 企画部企画広報課
住所:東京都八王子市丹木町1-236
TEL:042-691-9442
FAX:042-691-9300
メール:publicrelation@soka.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]