logo

Dr.Web AV-Desk 10.0 および Dr.Web CureNet! 11.0に含まれる コンポーネントをアップデート

Doctor Webは、Dr.Web Anti-rootkit API 、Dr.Web Scanning Engine 、 Dr.Web Firewall Driver 、 Dr.Web Net Filter for Windows driver 、 Dr.Web File System Monitor 、 Dr.Web Device Guard for Windows 、 Dr.Web Hypervisor, Dr.Web SysInfo、 Dr.Web Amsi-client 、 Dr.Web Protection for Windows 、 SpIDer Agent for Windows 、 Dr.Web Shellguard anti-exploit module 、 Dr.Web KATANA setup およびDr.Web KATANA Business Edition katana-console をアップデートしました。今回のアップデートでは、新し機能が追加され、発見されたエラーが修正されました。

###

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、以下の変更が加えられました。
Dr.Web 11.0 for Windows および Dr.Web Security Space 11.0、 Dr.Web AV-Desk 10.0 および Dr.Web KATANA 1.0の管理コンソールでは、Dr.Web Cloudクラウドサービスを用いて悪意のあるブラウザ拡張を検知・修復するメカニズムが搭載されました。
暗号化ランサムウェアの検出・駆除パターンの改善およびイベントログ・アナライザーの速度向上が図られました。
Windows 10 Fall Creators Update (RS3)上でInternet Explorerの起動時、またはWindows 10 RS3へアップグレード後に、WmiPrvSE.exeの誤検知を引き起こす問題が解決されました。

Dr.Web Scanning Engineでは、以下の変更が加えられました。
スキャナーに検出された脅威を隔離へ移動できないエラーが修正されました。

Dr.Web Firewall Driverでは、以下の変更が加えられました。
Windows 10上のWSLアプリ起動時にOSがフリーズする問題が解決されました。

Dr.Web Protection for Windowsでは、以下の変更が加えられました。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]