logo

アイモバイル独自の機械学習技術による広告自動最適化機能アップデートのお知らせ 「ROAS最適化」機能を提供開始

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中俊彦、東証マザーズ上場:証券コード6535、以下アイモバイル)はスマートフォン・PCのアドネットワークサービス「i-mobile」において、広告費用に対する売上効果(以下ROAS)を基にした広告自動最適化機能の開発、提供を開始いたしました。
これにより弊社へご出稿される広告主様は、従来のCPA指標(※1)に加え、広告自動最適化のKPI(Key Performance Indicators)(※2)として目標ROAS(Return On Advertising Spend)(※3)を指標とした自動入札を行うことが可能となります。

■「ROAS最適化機能」とは
当社は広告配信において、独自の機械学習技術を活用したコンバージョン予測モデルによる掲載枠毎の入札金額の動的最適化に取り組んでおります。費用対効果を示す指標の重要性が増した環境のなかで、当社では高精度な広告効果改善のための機能を提供すべく、既にご提供しているマルチコンバージョン機能(※4)や クリエイティブ最適化機能(※5)に加え、「ROAS最適化機能」の開発を進めてまいりました。

本機能ではコンバージョンを基準とした最適化に加え、商品購入やアプリ課金など、広告経由で発生した広告主様の売上に対しての広告費用対効果を基準とし掲載枠毎で自動調整を行うことが可能となります。

効果改善事例として、マルチコンバージョン計測機能を用いて「ROAS最適化機能」を利用したところ、EC案件において目標ROASを達成し、尚且つ広告主様の販売額を500%増加、顧客あたりの販売単価を120%に伸ばすことが出来ました。

■今後の展開
今後も自動最適化機能のアップデートを複数予定しており、広告主様の効果改善につながる機能の提供に取り組んでまいります。

(※1)CPA指標とは、商品購入や会員登録などの、利益につながる成果を1件獲得するのにかかるコストを示すための顧客獲得単価指標のこと。

(※2) KPI(Key Performance Indicators)とは、広告出稿による企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のこと。

(※3) ROAS(Return On Advertising Spend : 広告費用対効果)とは、投資した広告費に対して、どれほどの売上を得ることができたかを表す指標のこと。

(※4) マルチコンバージョン機能とは、従来のコンバージョン計測に加え、広告主様のビジネスモデルに沿ったKPIを広告掲載枠毎に計測することができる機能のこと。
関連記事: リンク

(※5) クリエイティブ最適化機能とは、掲載枠に配信中のクリエイティブの入札金額を最適化する機能のこと。


<会社概要>
社名  株式会社アイモバイル
所在地 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表取締役社長 田中 俊彦
設立  2007年8月17日
URL  リンク

<本リリースに関するお問合せ>
■会社名 : 株式会社 アイモバイル
■TEL   : 03-5459-5290
■Mail  : info@i-mobile.co.jp
■担当: 須藤

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。