logo

学習院大学大学院が11月7日にワークショップ「ラシーヌを演じる--『フェードル』をめぐって」を開催

学習院大学 2017年10月18日 08時05分
From Digital PR Platform




学習院大学大学院(東京都豊島区)人文科学研究科身体表象文化学専攻と学習院大学文学会は、11月7日(火)にワークショップ「ラシーヌを演じる―『フェードル』をめぐって」を開催する。ジョージタウン大学教授で作家・演劇研究者などとしても活動するロジャー・ベンスキー氏を講師に招請。フランスの劇作家ジャン・ラシーヌの『フェードル』を題材にワークショップを行う。受講料無料、事前申し込み不要。




 ロジャー・ベンスキー氏は、ジョージタウン大学教授で、作家、精神分析学者、演劇研究者としても活動している。著書に『フランス語の人形劇における文章構造』(1969年)、『人形劇の表象構造に関する研究』(1971年、2000年)、『シックシュー/メスギッシュ:愛の回復』(1994年)、『雷で打たれた仮面:横から見た現在のフランス演劇』(1997年)がある。

 今回のワークショップではベンスキー氏を講師に迎え、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌ作の悲劇『フェードル』を題材として取り上げる。概要は下記の通り。

◆ロジャー・ベンスキー氏ワークショップ「ラシーヌを演じる―『フェードル』をめぐって」
【日 時】 11月7日(火)13:00~16:30
【会 場】 学習院大学南1号館202教室(東京都豊島区目白1-5-1)
【アクセス】
・JR山手線「目白」駅下車 徒歩30秒
・東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車 徒歩約7分
 リンク
【講演者】 ロジャー・ベンスキー(Roger Daniel Bensky)
【受講料】 無料
【申 込】 不要
【言 語】 フランス語(通訳付き)
【主 催】 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
【共 催】 学習院大学文学会

▼本件に関する問い合わせ先
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
 URL: リンク
 TEL: 03-5992-1404

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]