logo

Windows 10移行需要に対してデータ転送機能を追加。IBM i(AS/400)用端末エミュレーター「FALCON 5250 Ver.4.5」最新版を提供開始。

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:松原 由高)は、Windows 10対応のIBM i(AS/400)用端末エミュレーター「商品名:FALCON 5250 Ver.4.5」(読み:ファルコン ゴーニーゴーマル バージョン ヨンテンゴ)の最新版(Ver.4.5 Rev.1.24)を2017年10月16日(月)に提供を開始しました。

最新版ではデータ転送機能を新搭載し、Windows 10非対応が発表されているIBM社製のIBM i(AS/400)用端末エミュレーター「IBM i Access for Windows」(以下通称:「クライアントアクセス」)との互換性を強化しました。これにより、「クライアントアクセス」から「FALCON 5250 Ver.4.5」への乗り換えができるようになります。

インターコムは、Windows 10への移行を検討している「クライアントアクセス」ユーザーに対して、互換性のあるWindows 10対応端末エミュレーターを提供することで、その基幹業務を強力に支援します。また、販売パートナーと協力し、提供開始後1年で20社への導入を目指します。

---------------------------------------------------------------
▼「FALCON 5250 Ver.4.5」データ転送機能画面
リンク
---------------------------------------------------------------

《開発の背景》

オープンシステムはもちろん、クラウドで基幹システムを構築する動きがある中、金融サービスや公共サービスなどの高い信頼性を必要とする業務では、メインフレームやオフコンを使ったシステムが依然として稼働しています。そして、その業務用端末の多くがWindows 7パソコンです。しかしながら、Windows 7のメインストリーム サポートは2015年1月に終了しており(延長サポートは2020年1月まで)、今まさに、業務用端末をWindows 10パソコンに移行する動きが始まっています。

IBM i(AS/400)利用企業が使用している端末エミュレーターに、IBM社製「クライアントアクセス」があります。この「クライアントアクセス」は、Windows 10に対応しないことがIBM社から発表されており、ユーザーは何らかの対策が求められています。

今回、Windows 10移行時の対策として、「クライアントアクセス」に搭載されている「データ転送機能」をWindows 10対応の「FALCON 5250 Ver.4.5」に新搭載し互換性を高めることで、乗り換えをできるようにしました。インターコムは販売パートナーと協力し、「データ転送機能」および「Windows 10対応」を軸とした乗り換え提案を「クライアントアクセス」ユーザーに対して強化していきます。

---------------------------------------------------------------

■「FALCON」シリーズについて

1982年、国内初の端末エミュレーターをインターコムが開発しました。1992年からは「FALCON」シリーズとして発売し、累計導入実績3,600社、112万クライアントを超えるインターコムのミリオンセラー商品となっています。

メーカー純正端末エミュレーター(IBM製PCOMM、富士通製WSMGR、日立製CommuniNet)と高い互換性とリーズナブルな料金体系により、端末エミュレーターのベストバイとして選ばれ続けてきました。最新OSはもちろん、iPadやシンクライアントなどにも対応し、Web環境、モバイル環境、セキュア環境など、様々な業務シーンで活用できます。

---------------------------------------------------------------

■関連URL

・「FALCON 5250 Ver.4.5」Webサイト
 リンク

・ニュースリリース/お知らせ
 リンク

・画像データ
 リンク

---------------------------------------------------------------

■提供開始日

・2017年10月16日(月)

---------------------------------------------------------------

■価格

・価格(1ライセンス):58,000円(税抜)
 ※別途保守サポートサービス費用が必要です。

---------------------------------------------------------------

■主な動作環境

・OS:日本語Microsoft Windows 10 / 8.1 / 7 / Windows Server 2016 / 2012 R2 / 2012 / 2008 R2 / 2008

・接続形態:TN5250接続(Telnet)

動作環境の詳細は弊社Webサイトをご覧ください。
リンク

---------------------------------------------------------------

■株式会社インターコムの会社概要

設立:1982年6月8日
代表取締役会長 CEO:高橋啓介
代表取締役社長:松原由高
資本金:8,400万円
本社所在地:〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5 反町ビル
TEL:03-3839-6231(代表)
URL:リンク
事業内容:1982年の創業以来、“通信のインターコム”として「まいと~く」「FALCON」「Biware」など、数々のヒット商品を生み出してきました。現在は「通信」「サービスデスク」「運用管理」「ワークスタイル変革」の4つの事業テーマで企業向けソフトウェアの企画・開発・販売を行っています。メガバンクなど金融機関で多数の導入実績を誇るサービスデスクの「RemoteOperator」をはじめ、運用管理の「MaLion」、ワークスタイル変革の「デリバリーセンター」など、当社の新たな柱となる商品はすべてクラウドサービスで提供しています。

---------------------------------------------------------------

■「FALCON 5250 Ver.4.5」に関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 COMグループ
TEL:03-3839-6370

---------------------------------------------------------------

■本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム
営業本部 営業推進部 広報宣伝グループ 澤田(さわだ)/山中(やまなか)
TEL:03-3839-6775

---------------------------------------------------------------

※interCOMは、株式会社インターコムの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

このプレスリリースの付帯情報

「FALCON 5250 Ver.4.5」データ転送機能画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]