logo

Systech Internationalと凸版印刷株式会社がSystech UniSecure(TM)によるブランド保護提供で提携

Systech International 2017年10月10日 19時07分
From 共同通信PRワイヤー

Systech Internationalと凸版印刷株式会社がSystech UniSecure(TM)によるブランド保護提供で提携

AsiaNet 70489 (1592)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2017年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】製品の安全性、消費者とブランド保護の世界的な技術リーダーであるSystech International (リンク )と総合印刷企業で製品包装とセキュリティーソリューションのイノベーターである凸版(リンク )は10日、戦略合意を発表した。合意により、凸版はSystechの優先パートナーとして、日本と他のアジア太平洋市場でUniSecure(TM)(リンク )を販売できる。

SystechのUniSecure担当上級副社長兼ゼネラルマネージャーのスコット・マグナッカ氏は「凸版との戦略的関係を発展させることは当社にとって重要だ。凸版の顕著な世界的影響力、品質への限りない献身、不断の卓越したサービスの提供はよく知られている。同社がSystechの高度な技術と製薬業界での確立した指導的地位を認めたことは当社の誇りである」と語った。

Systech UniSecure (リンク )は唯一証明された非付加性の製品認証ソリューションで、既存の製品バーコードと包装を利用して複製できない特有の識別記号を作り、製品が本物であることを保証する。

印刷作業は動的であるため、環境的要因が重なって印刷したマークに微妙な変化、あるいは「雑音」を生じる。これらの変化は不ぞろいで同じものはなく、いかなる印刷機でも解決できない。UniSecure(リンク )は既存の包装の印刷マークから固有の隠れたセキュリティー特性を発生させて測定可能なパターンを検出することでこれらの変化を利用する。

個別の製品をユニークに識別し、認証する能力はサプライチェーンで偽造や流用のリスクを軽減し、ブランドの資産価値を守り、消費者の安全を確保する唯一の道である。

凸版のセキュリティー製品開発担当シニアゼネラルマネージャーのヤマモト・アキヒサ氏は「Systechと提携することを非常に喜んでいる。同社はブランド保護と消費者エンゲージメントの分野で真に差別化する傑出した第3世代技術を作り出し、セキュリティー、実装、消費者使用の点で従来の認証ソリューションを大きく上回る利点を提供する。この技術にはアジアで巨大な市場があると信じる」と語った。

▽Systech International (リンク )について
Systechはシリアライゼーションのパイオニアで、認証の未来をはっきり示している。Systechは30年にわたり、製薬、生命科学、消費者用包装商品業界の世界的ブランドのベストプラクティスをリードしてきた。Systechは北米、欧州、インドに事務所を構え、南米、中東、中国、日本に提携ネットワークを持つ。Systechのクラウドベースの認証サービスは、製造者から最終消費者まで製品をユニークに識別し、認証し、追跡したい企業に役立つ。

▽凸版印刷株式会社(リンク )について
凸版印刷株式会社、または凸版は1900年創設の日本の世界的印刷企業で東京に本社がある。世界最大級の印刷企業として、凸版は印刷技術の進化の推進を促進し、その包括的事業分野を拡大している。このような技術をマーケティング、IT、創造力、一連の加工処理技術と融合することにより、凸版は一群の「印刷技術」を発展させてきた。これらに基づき、凸版は情報と伝達、生活と産業、エレクトロニクスの3事業分野にわたり広範な活動に取り組んでいる。

▽問い合わせ先
Systech International
Stacey Owens-Perrotta
T +1 609 235 3639
stacey.owens-perrotta@SystechOne.com

ソース:Systech International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]