logo

「AIoTプラットフォーム」の外販強化について

シャープ 2017年10月02日 12時10分
From PR TIMES

COCORO+サービス対応家電で培った技術でIoT化・AI化を支援、英語と中国語にも対応



 シャープは、ウォーターオーブン「ヘルシオ」やモバイル型ロボット「ロボホン」など、COCORO+サービス対応家電で培ったAIoT技術を、「AIoTプラットフォーム」として集約、外販を開始しております。このたび、さらに需要が拡大すると予想されるインバウンド向けに英語と中国語に対応する音声対話技術を加え、より一層販売を強化してまいります。

 「AIoTプラットフォーム」(下図参照)は、音声対話で献立相談ができるウォーターオーブン「ヘルシオ」などに採用されています。本プラットフォームは、各種機器のIoT化、および音声対話を実現する「AIoTモジュール(ハードウエア)」、クラウドを使って音声対話を実現する「音声対話機能」、機器やサービスの利用状況を解析する「データ解析機能」、データ解析結果からユーザーニーズを把握し、顧客満足度の高いサービスを実現する「顧客サービス支援機能」、お客様のシステムと簡単に連携する「WebAPI」などからなります。

 「AIoTプラットフォーム」を活用いただくことで、多種多様な機器のIoT化や音声対話を可能にし、接客支援や観光案内、コールセンターなど、業務システムやサービスのAI化が実現できます。また、対話を通じてユーザーの好みや潜在ニーズを取得することにより最適なサービスにつなぐ仕組みを構築でき、顧客満足度の向上・売上拡大ができます。

 当社は「人に寄り添うIoT=AIoT(※)」を事業ビジョンとして掲げています。当社は「AIoTプラットフォーム」の外販を通じ、人工知能を活用したIoT機器が、使うほどにユーザーを理解して最適な提案を行うスマートライフの実現に貢献してまいります。
[画像: リンク ]

※ 「AIoT」は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット化)を組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、家電などを人に寄り添う存在に変えていくビジョンです。「AIoT」はシャープ株式会社の登録商標です。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
リンク

【プレスリリース全文(PDF版)】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]