logo

日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020、東京2020オリンピック1000日前の10月28日(土)よりスタート


三井不動産株式会社(以下、三井不動産 本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)と公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)は、この度、「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」と題し、東京2020オリンピック競技大会から1000日前となる2017年10月28日(土)から11月29日(水)まで、三井不動産ゆかりの地である日本橋にて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)エンブレムやアスリートの肖像を用いて大規模な装飾を繰り広げる「シティドレッシング」(大型グラフィック等を掲出して街全体を装飾)を実施いたします。

今年で3回目を迎える日本橋シティドレッシングは「WE MAKE 2020」をテーマとしており、アスリートだけではなく、観る人、支える人なども含めた「みんなでつくる東京2020大会」ということを日本橋の街全体を使って体感していただくイベントとなります。その象徴として、東京2020大会をつくっていく様々な人々の肖像で日本橋の街全体を装飾。総勢150名を超えるアスリートや一般の方々の姿が街中に出現します。日本橋の街に暮らす人、訪れた人、働く人みんなが参加することを通じてみんなで作り上げていく意志を表し、「参加型」の企画を実施することで日本橋から東京2020大会を応援していく1カ月間となります。

さらに、シティドレッシングに先立ち、10月22日(日)から参加型フォトブース「日本橋シティドレッシング フォトセット」を設置します。福徳の森と江戸桜通り地下歩道にて、シティドレッシングされた日本橋のミニチュアセットで気軽に写真を撮ることができます。

なお、本イベント期間中には、東京2020組織委員会が、日本橋三井タワー1階で期間限定の「東京2020公式ライセンス商品販売コーナー」をオープンします。

当社は東京2020大会の「ゴールド街づくりパートナー」として、2015年10月と2016年9月に日本橋で、2016年8月には東京ミッドタウンでシティドレッシングを実施しました。今回の「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」では、「WE MAKE 2020」をテーマに「みんなでつくる東京2020大会」ということを体感できる場を設けることで、オリンピック・パラリンピックの機運を一層高め、東京2020大会の成功に貢献してまいります。
また、今後も日本橋や六本木、湾岸エリア、当社が全国で運営する「ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」などの場の活用を通してアスリートを応援し、街とオリンピック・パラリンピックムーブメント双方の盛り上げに貢献してまいります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]