logo

Systech InternationalとInno4LifeがEU偽造医薬品対策指令(FMD)順守支援のソリューションを発表

Systech International 2017年09月26日 16時35分
From 共同通信PRワイヤー

Systech InternationalとInno4LifeがEU偽造医薬品対策指令(FMD)順守支援のソリューションを発表

AsiaNet 70260(1483)

【プリンストン(米ニュージャージー州)、ブレダ(オランダ)2017年9月26日PR Newswire=共同通信JBN】
*迅速で完全統合された医薬品シリアライゼーション・ソリューション

30年超の経験を持つ医薬品シリアライゼーション・ソリューションのパイオニアのSystech International(リンク )とライフサイエンス機器ソリューションのイノベーターであるInno4Life(リンク )は、共同で医薬品規制順守の上での難問を解決しつつある。

Inno4Lifeは、完全なSystech UniSolve(TM)(リンク )ソリューションのハードウエアコンポーネントであるISU3 Item Serialisation Unit 3 (リンク )を発売する。ISU3を自動包装ラインに組み込んだ場合には、医薬品カートンをスタンドアローンユニットであるISU3に手動ないし自動で供給することができる。
印刷、検証、改ざんのないラベル付けのためのユニークな両面オプション機能に加え、小さいフットプリント、1分間に最大400アイテムという処理スピードは他の機器にはないものだ。

Systechの欧州営業ディレクター、アラステア・テイラー氏は「両社は、欧州各地の顧客のパッケージングとシリアライゼーション(リンク )のニーズをサポートするために成功裏に協力してきた。偽造医薬品対策指令(FMD)規制の締め切りに迅速に対応するために、ISU3は柔軟でスケーラブルな事前設定されたSystechシリアライゼーション(リンク )・ソフトウエアで利用することができる」と語った。

*新しいシリアライゼーション・ソリューションは英バーミンガムで9月26-28日に開催されるProcessing and Packaging Machinery Association(PPMA)(リンク )のイベントに展示される。スタンドC14でのデモンストレーションの予定はリンク を参照。

*両社は2017年10月1日にISU3およびUniSolveの受注受付を開始する。

FMDの締め切りに間に合わせたいとの顧客の要求が機器導入を促進している。欧州各国政府は製薬メーカーに大きな圧力をかける複雑な規制を制定している。Inno4Lifeの事業開発ディレクターであるジール・バンフェーン氏は「認可を受けた医薬品のシリアライゼーションは、2019年からEU企業にとり法的要件となる」と述べた。

▽Systech Internationalについて
Systech(リンク )はシリアライゼーションのパイオニアで世界をリードしている。同社は1600以上のラインを世界中に展開しており、これは他のいかなるシリアライゼーション・ソリューションよりも多い。Systechのパートナーネットワークは、企業が自国の規制締め切りを守るのを支援する用意がいつでもできており、世界のトップ製薬企業が信頼する優先ソリューション・プロバイダーである。

▽Inno4Lifeについて
Inno4Life(リンク )は、ライフサイエンス業界の複雑な顧客固有の機器およびサービスプロジェクトを専門としている。ナレッジは、自動製薬包装事業に深く根ざしている。Inno4Lifeは、機器&サポート、システムインテグレーション、システム最適化、および独立したエキスパートアドバイスでの完全なソリューションを提供する。

▽問い合わせ先  
Systech International
Stacey Owens-Perrotta
T +1 609 235 3639
stacey.owens-perrotta@SystechOne.com

Inno4Life
Hanka van de Merwe
M +31 6 26 64 18 23
Hanka.vandemerwe@Inno4Life.com

ソース:Systech International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]