logo

日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan(去日本)」が中国大手SNS「QQ」の人気コミュニティ「超级粉丝团」における日本独占広告代理サービスを開始

GoJapan Inc 2017年09月04日 16時07分
From PR TIMES

日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan(去日本)」の日本法人である株式会社ゴージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:劉 璐、以下 ゴージャパン)は、中国最大手SNS「テンセント(腾讯)モバイルQQ」内の人気コミュニティ枠の日本独占広告代理サービスを開始いたしました。



[画像1: リンク ]



QQとは、テンセント社が運営するチャットメッセンジャーサービスで、9億人に迫る月間アクティブユーザーを擁しています。今回、独占広告代理業務の提携を結んだのは、「超级粉丝团(スーパーファンコミュニティ)」と呼ばれる、中国最大のスターのオンラインコミュニティです。当コミュニティにはファッションモデルのアンジェラベイビーをはじめ、著名芸能人、タレント1,000名以上の約84万のコミュニティがあり、月間アクティブユーザーは1.4億人にのぼります。

ユーザーは、90年代生まれの購買力が高く、将来の消費の中心になる世代が大半を占めています。中でも「95後」と呼ばれる95~99年生まれの若者世代の比率が高く、なおかつ購買意欲の旺盛な女性の割合が高いのも特徴です。当コミュニティを活用したプロモーションは、情報吸収力の高い若者世代にブランド認知を促し、ブランドロイヤリティの高い顧客を育成するのに有効です。

当社はターゲットセグメントの選定から具体的なプロモーションのご提案、そしてクリエイティブ制作に至るまで、広告出稿に関する一連の業務をワンストップでご提供できます。

[画像2: リンク ]


※テンセント社は、中国を代表するインターネットサービス会社。QQのほか、コミュニケーションツールのWeChat(微信)、ソーシャルネットワークツールのQzone、オンラインゲームストアのQQゲームプラットフォームなどを幅広く展開し、億単位のユーザーを獲得しています。QQは、中国において「95後」が最もよく使うコミュニケーションツールです。

▼『GoJapan』について
『GoJapan(中国名:去日本)』は日本に特化した中国最大のメディアネットワークであり、中国の著名実業家、芸能人、スポーツ選手らも出資する中国の有望ベンチャー企業「亚智游(北京)信息科技有限公司(Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd.)」が運営しています。

2015年10月に正式リリースした訪日旅行者向けアプリ“去日本(GoJapan)”は、旅マエ(情報収集・予約サービス・ビザ申請)→ 旅ナカ(周辺検索・音声翻訳・道案内・クーポン)→ 旅アト(レビュー・情報共有・越境EC)までをカバーするワンストップのコンシェルジュアプリです。ユーザビリティーと高クオリティコンテンツが話題を呼び、中国AppStoreの「日本」関連アプリランキングでNo.1となり、ユーザー1,300,000人超という訪日中国人旅行者向けNo.1の規模を誇っています。
また、公式Weibo(微博)、公式WeChat(微信)などでも60万人以上のユーザーを擁し、毎日、日本関連情報やコンテンツを配信しています。中国の200以上の媒体と提携しており、この提携関係に基づき、インフルエンサーを活用したプロモーション事業も実施しております。

・iOS:リンク
・Android:リンク
・Weibo:リンク
・公式Facebookページ:リンク

【各種お問い合わせ先】
株式会社ゴージャパン(GoJapan Inc)
■提携・代理店パートナーなどに関するお問合せ: partner@go-riben.com
■広告・プロモーションに関するお問合せ: ad@go-riben.com
■セミナー講演・取材などに関するお問合せ:press@go-riben.com
TEL:03-5457-7763 担当:伊藤

============================================================
【株式会社ゴージャパン会社概要】
設 立:2015年11月
代表者:代表取締役社長 劉 璐
事業内容:日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan」の日本における運営、
広告販売事業、訪日インバウンド及び中国国内におけるプロモーション、KOLインフルエンサー、
対中華圏向け動画プロモーション、中国メディア・マーケティング支援、コンサルサービスなど
所在地:東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー8F
============================================================

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。