logo

ヘルスケアIoTが生み出す莫大な市場機会と次世代のヘルスケアサービスモデル

フロスト&サリバンは、ヘルスケア分野におけるIoT (Internet of Medical Things:IoMT) が生み出すビジネス機会や市場の見通しをまとめました。IoMT は、コスト削減や収益性の改善、顧客体験の向上などにおいて莫大なポテンシャルを秘めています。ウェアラブルや体内埋め込み型デバイスなど、IoMTの活用が生み出すビジネス機会は多岐にわたるアプリケーションに及び、用いられる場所は自宅や病院、地域社会など広範囲に及びます。IoMTの主な活用用途には、スマートデバイスを用いた慢性疾患のモニタリングや術後経過観察、医療用診断機器、医療支援用ドローン、臨床医向けの診断ツール、病室のスマート化の支援ツール、緊急コール用の警告システムなどが挙げられます。

フロスト&サリバンの新たな調査分析「Internet of Medical Things (IoMT):2021年に向けた展望」によると、IoMTの世界市場規模は2016年から2021年に向けて年平均成長率(CAGR)26.2%で成長する見通しとなり、同市場規模は2016年の225億米ドルから、2021年には720億2000万米ドルに成長する予測となっています。

IoMTがヘルスケアサービスにおいて生み出すイノベーションには、主に以下のものが挙げられます:

・患者パラメーターと連携した医療グレードのウェアラブル、スマートインプラント
・患者や高齢者が自身で行う自宅でのセルフケアを支援するバーチャルアシスタント、mヘルス(モバイルヘルス)、テレヘルス(遠隔医療)サービスを支援するスマート診断医療デバイス
・運転中のドライバーや同乗者の健康状態を観察するスマートカー
・ドローンによる緊急対応サポート
・プライマリ・ヘルスケアで臨床医が用いるデジタル聴診器などのデジタル化された臨床スマートデバイス
・病院内でのRFID(Radio Frequency Identifier)、ビーコン(発信機)、インドアGPS(屋内位置情報)の活用
・患者が病院のベッド脇で医療ケアチームとバーチャル上でコミュニケーションが取れるスマート病院室
・エンド・ツー・エンドで可視化された温度制御およびコールドチェーンを用いた物流
・情報サービスや医薬品、テレメディシン(遠隔医療)へのより優れたアクセスを提供するコミュニティセンター

IoMTを活用することで、医療ケアの提供方法を従来の単独で受身型のモデルから、患者自身が積極的に関与する統合型モデルへの移行が期待されます。フィリップス、メドトロニックといった大手企業やスタートアップ企業、アップルやIBM、シスコ、クアルコムといったテクノロジー企業が、IoMTアプリケーションの開発を行っています。

その一方で、IoMTにはスマートツールの技術のさらなる発展、活用におけるガイドラインや規定、臨床や患者への適用といった課題が存在します。「IoMTは医療ケアのデジタル化を通じて、より優れた医療ケアの提供を実現します。そのためには、サイバーセキュリティや相互運用性の不足、データの正確性の向上といった課題への対処が求められます」と、フロスト&サリバンのトランスフォーメーショナル・ヘルスケア部門産業アナリスト、シダース・シャーは述べます。


▼本調査分析「Internet of Medical Things (IoMT):2021年に向けた展望」の概要はこちら:
「Internet of Medical Things, Forecast to 2021」
リンク

▼フロスト&サリバンのトランスフォーメーショナル・ヘルスケア部門のサービス概要はこちら:
リンク

**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 
広報担当:辻 安奈
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。